野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 新人王候補のアンドゥハー、昨オフには剛腕とのトレード打診もヤ軍が拒否!?

新人王候補のアンドゥハー、昨オフには剛腕とのトレード打診もヤ軍が拒否!?

ヤンキースは今季、レギュラーシーズン100勝(62敗)を挙げてワイルドカードでプレーオフに進出したものの、地区シリーズでは同108勝(54敗)の“宿敵”レッドソックスに1勝3敗で敗れた。

ヤンキースのミゲル・アンドゥハー【写真:Getty Images】
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー【写真:Getty Images】

新人王レースでは大谷のライバル、現アストロズのコールとトレードの可能性があったが…

 ヤンキースは今季、レギュラーシーズン100勝(62敗)を挙げてワイルドカードでプレーオフに進出したものの、地区シリーズでは同108勝(54敗)の“宿敵”レッドソックスに1勝3敗で敗れた。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 シーズンの光明は、ミゲル・アンドゥハー内野手、グレイバー・トーレス内野手という2人のルーキーの活躍。若手選手の成長は目覚ましく、アンドゥハーには昨年のアーロン・ジャッジ外野手に続く新人王受賞の期待が高まっている。“ライバル“は二刀流でメジャーに強烈なインパクトを与えたエンゼルスの大谷翔平投手だ。一方で、23歳の有望株は昨オフにエース候補となる右腕獲得のために放出される可能性があったと地元メディアが伝えている。

 昨オフ、ヤンキースは先発投手の獲得に動いており、FAでカブスと契約したダルビッシュ有投手の名前が浮上したこともあった。そんな中で常に有力候補として名前が挙がっていたのが、当時パイレーツのエースだったゲリット・コール。パイレーツは2019年シーズン後にFAとなる右腕を放出し、代わりに有望な若手を獲得することを目指していた。そして、結果としてコールはアストロズに移籍。今季32試合登板で15勝5敗、防御率2.88、200回1/3で276奪三振と圧巻の活躍を見せ、地区優勝に貢献した。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は、長い間コールの放出を考えていたパイレーツは、ヤンキースよりもアストロズのオファーに魅力を感じ、放出したと指摘。一方で、「才能あふれる若手を豊富に抱えており、先発投手を必要としていたヤンキースは、長い間コールに熱い視線を送っていた」という。ただ、両者の思惑は噛み合わなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」