野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍セベリーノの球種はやはりバレていた!? 米メディア徹底分析で“欠点”指摘

ヤ軍セベリーノの球種はやはりバレていた!? 米メディア徹底分析で“欠点”指摘

ヤンキースのルイス・セベリーノ投手は今季、エースとしての立場を確立した。圧倒的な投球でサイ・ヤング賞への期待も高まっていた前半戦に比べ、後半戦は不安定な投球が目立つようになったものの、レギュラーシーズンは32試合登板で19勝8敗、防御率3.39という好成績をマーク。一発勝負のワイルドカードゲームもアスレチックス相手に4回2安打7奪三振4四球の好投で勝利に貢献した。

ヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:AP】
ヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:AP】

シーズン後半戦から球種が読まれていた可能性、その“原因”となった仕草とは…

 ヤンキースのルイス・セベリーノ投手は今季、エースとしての立場を確立した。圧倒的な投球でサイ・ヤング賞への期待も高まっていた前半戦に比べ、後半戦は不安定な投球が目立つようになったものの、レギュラーシーズンは32試合登板で19勝8敗、防御率3.39という好成績をマーク。一発勝負のワイルドカードゲームもアスレチックス相手に4回2安打7奪三振4四球の好投で勝利に貢献した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 しかし、レッドソックスとの地区シリーズ第3戦では3回7安打6失点と炎上。レッドソックスの選手の様子から、球種を読まれていたことが原因ではないかという声が米国内で上がっている。しかも、プレーオフよりもっと前から、セベリーノの球種は相手にバレていた可能性もあるというのだ。後半戦の不調の原因になっていたとしたら、来季開幕までに改善する必要が出てくる。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」は「プレーオフでセベリーノの投げる球種が読まれていたという映像の証拠がある。そして、それはプレーオフよりだいぶ前から読まれていた」とのタイトルで特集を掲載した。実際に、ヤンキースのアーロン・ブーン監督もシーズン後半戦からセベリーノは球種を読まれていたと考えており、「時々そういう状況もあったと思う。彼はうまく修正したが、不意にそれが起きてしまうことが時折あったと思う。今年のオフに、それが起きる可能性を摘み取ることにより一層取り組んでいくつもりだ」と話したという。

 セベリーノの前半戦と後半戦の成績の違いは明らかだ。オールスターに選出された前半戦は20試合先発で14勝2敗、防御率2.31という好成績だったが、後半戦は12試合で5勝6敗、防御率5.57と著しく悪化。確かに、本人の不調というだけでは片付けられない違いがある。

 レッドソックスとの地区シリーズ第3戦では、あるシーンが注目を集めた。2回にホルトが打席に入った場面。セベリーノが投球モーションに入ってから、ブラッドリーJrがベッツに対して「ファストボール。ファストボール」と呟いていたのだ。これをテレビ中継局が捉えており、セベリーノは実際に速球を投げ込んだ。つまり、レッドソックス打線は投げるまでに球種が分かっていたことになる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」