野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武山川&多和田が9、10月度月間MVP獲得 「沖縄出身であることに誇り」

西武の多和田真三郎投手と山川穂高内野手が、9、10月度「日本生命月間MVP賞」を受賞した。両選手の同時受賞は今年3、4月度に続き2度目。山川は自身4度目の受賞となった。

月間MVPを獲得した西武・山川穂高(左)、多和田真三郎【写真:岩国誠】
月間MVPを獲得した西武・山川穂高(左)、多和田真三郎【写真:岩国誠】

3、4月に続き2度目となる山川、多和田のW受賞

 西武の多和田真三郎投手と山川穂高内野手が、9、10月度「日本生命月間MVP賞」を受賞した。両選手の同時受賞は今年3、4月度に続き2度目。山川は自身4度目の受賞となった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 今シーズン16勝を挙げ、自身初の最多勝に輝いた多和田。9・10月の成績は5試合を投げて4勝0敗、防御率1.54とともにリーグトップの成績を残し、自身2度目となる同賞を受賞。「(優勝のかかった)大事な時期に結果を残せてよかった。優勝決定後の試合(10月1日、日本ハム戦)で、勝てたこともよかったと思います」と、その喜びを口にした。

 一方、今シーズン47本塁打で本塁打王のタイトルを獲得した山川。28試合に出場し、2つの打撃成績(11本塁打、28打点)でリーグトップ。「この一番、大事な時期にしっかり打てた。そこが一番嬉しい」と素直に喜びを語っていた。

 多和田と山川の同時受賞は3・4月度に続いて2度目になるが、山川は「サブロウ(多和田)とは高校、大学、プロと一緒で、教えていただいた指導者の方がほとんど同じなので、その方々に感謝しています。沖縄出身の2人で受賞できたことは、本当に嬉しく思います。沖縄出身であることに誇りを持っているので」と、沖縄出身選手の同時受賞であることを強くアピールしていた。

山川は昨年の8月度、9・10月度にも同賞を受賞。

 1年前と現在では、置かれる立場が変わっている中で、受賞に対して心境はどう違うのか。「去年は勢いでの受賞というのがあった。今年は大事な試合を意識しまくって打ったつもりだった。4番としての重圧、プレッシャーを感じながらこの賞も本塁打王も獲ったので、そこを狙って獲った、意識して獲ったことに大きな価値がありますし、すごく自信になっています」と、しっかりした口調で語った。

 同郷の先輩・後輩で共にチームの主力となった山川と多和田。お互いについては「勝つことがエース。ここまで勝ち星を重ねたことはすごいし、たくましく思います」と先輩・山川が後輩を称えると多和田は「自分が投げている時に打ってくれている印象があって、本当に助かります。これからもお願いします」と、後輩らしい発言で、山川の笑いを誘っていた。

 明日からいよいよ、ファーストステージを勝ち上がったソフトバンクを迎えてクライマックスシリーズ・ファイナルステージを戦うことになる。CS初出場の多和田は「緊張するかわからないですが、いい経験ができると思うので、一生懸命頑張ります」と意気込みを語ると、昨年、悔しい思いをした山川は「意識しないのは無理なので、思い切り意識して、高校球児のように熱い戦い。より熱く、より全力プレー、全力発声を意識してやらなきゃいけない」と、1戦必勝でがむしゃらに戦う決意を強い言葉で誓っていた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」