野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ブルワーズが敵地でドジャースに完封勝利 アルシア2戦連続弾で対戦成績2勝1敗

ブルワーズが敵地でドジャースに完封勝利 アルシア2戦連続弾で対戦成績2勝1敗

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第3戦が15日(日本時間16日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、ブルワーズがドジャースに4-0と完封勝ちし、対戦成績を2勝1敗とした。

2戦連続となる本塁打を放ったブルワーズのオーランド・アルシア【写真:Getty Images】
2戦連続となる本塁打を放ったブルワーズのオーランド・アルシア【写真:Getty Images】

ドジャース前田健太は準備するも登板せず

■ブルワーズ 4-0 ドジャース(日本時間16日・ロサンゼルス)

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ナ・リーグ優勝決定シリーズ第3戦が15日(日本時間16日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、ブルワーズがドジャースに4-0と完封勝ちし、対戦成績を2勝1敗とした。

 ブルワーズは初回1死からMVP候補イエリッチが四球で出塁。続くブラウンが左翼へ二塁打を運ぶと、イエリッチは一塁から一気に快足を飛ばして先制ホームを踏んだ。

 その後、ドジャース右腕ビューラー、ブルワーズ右腕チャシンの両先発が好投。両軍打線は攻め手に欠いたが、ブルワーズは6回に2死からショーが中堅フェンス直撃の三塁打で出塁すると、ビューラーがまさかの暴投で2点目を挙げた。

 さらに、7回に1死からクラッツが左翼線二塁打で出塁すると、続くアルシアが右翼スタンドに2ランを叩き込んで2点を追加。日本ハムのアルシアを実兄に持つ24歳遊撃手の2試合連続アーチで、勝利を確かなものとした。

 投手陣はチャシンが5回1/3を3安打無失点とすると、クネベル、ソリア、ヘイダー、ジェフレスが無失点リレー。闘いの舞台を敵地へ移した第3戦で幸先のいい完封勝利を収め、対戦成績を2勝1敗に持ち込んだ。

 ドジャースの前田健太投手は7回にブルペンで準備を進めたが、登板機会は回ってこなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」