野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

強みと不安材料が同居 打ち合い必至の獅子と鷹…CSファイナルS展望【パ】

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)は、ファーストステージで2位ソフトバンクが2勝1敗で粘る日本ハムを振り切り、宿敵・西武とのファイナルステージに駒を進めた。日本シリーズへの切符を手にするのはどちらか、データから紐解いてみよう。

西武・秋山翔吾とソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】
西武・秋山翔吾とソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】

意外? 本塁打数は鷹、盗塁数は西武が上

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)は、ファーストステージで2位ソフトバンクが2勝1敗で粘る日本ハムを振り切り、宿敵・西武とのファイナルステージに駒を進めた。日本シリーズへの切符を手にするのはどちらか、データから紐解いてみよう。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

〇レギュラーシーズンのチーム成績
打撃
   西武 ソフトバンク
打率 .273 .266
得点 792 685
安打 1351 1290
本塁打 196 202
犠打 58 102
四球 566 408
三振 1103 999
盗塁 132 80
出塁率 .352 .326

投手
   西武 ソフトバンク
防御 4.24 3.90
勝利 88 82
敗戦 53 60
セーブ 33 44
HP 111 121
完投 7 6
完封 9 19
投球回 1277回1/3 1277回1/3
被安打 1230 1132
被本塁打 148 163
奪三振 959 1087
失点 653 579

 はっきりと打の西武、投のソフトバンクという傾向。三振を恐れず思い切ってフルスイングするため、相手投手も長打を恐れて四球も多い西武に対し、犠打をからめ、つなぐソフトバンクは三振数も100個以上西武より少ない。ただ、盗塁数は西武、本塁打数はソフトバンクの方が多く、西武は機動力も使えるし、ソフトバンクは日本ハムに5本塁打を浴びせたCSファーストステージ第3戦のように、“空中戦”に持ち込まれても打ち返せる長打力も持っている。

〇西武VSソフトバンクのチーム成績(25試合西武13勝12敗)

   西武 ソフトバンク
打率 .248 .265
得点 133 131
安打 207 224
本塁打 36 44
四死球 119 95
三振 202 158
盗塁 13 10
防御率 4,82 5,38

 投手力は、ソフトバンクがリーグ4位、西武はリーグ最下位。ソフトバンクは完投試合6に対して完封勝ちが19試合もあり、加治屋、嘉弥真、森らブルペン陣が、守護神・サファテ不在の中頑張ったことが数字からも見てとれる。

 直接対戦の数字を見ると、防御率は西武の方が数字がよく、安打数、本塁打はソフトバンクの方が多い。どちらが勝つにしても5点以上取った試合が25回の対戦中19回。この両者の対戦は、一歩も譲らぬ打ち合いになる可能性が高い。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」