野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武エース菊池が悲願のCSファイナル先発 「やっとこの舞台に立てる」

クライマックスシリーズ・ファイナルステージでソフトバンクを迎え撃つ西武。その初戦のマウンドを任されることとなった菊池雄星投手。登板前日の16日は連日のブルペン入り。24球を投げ込み最終調整を行った。

西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】
西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】

ソフトバンク打線に警戒「短期決戦の中で試合を決めるのは長打、本塁打」

 クライマックスシリーズ・ファイナルステージでソフトバンクを迎え撃つ西武。その初戦のマウンドを任されることとなった菊池雄星投手。登板前日の16日は連日のブルペン入り。24球を投げ込み最終調整を行った。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 初戦のマウンドを託された左腕は「やることは全てやってきました。調整はここまで順調にきているので、特に変わったところはなく、普段通りに調整して迎えるつもりです」と語り「プロ9年目でやっとこの舞台に立てる。そういう喜びを感じながら投げたいと思いますし、最高の舞台で投げられることは幸せなことだと思うので、思う存分、自分の持っている力を出せればいいと思っています」と、自身初のファイナルステージのマウンドに向かう心境を語った。

 相手はシーズン202発を記録した強打のソフトバンク。今年9月の初勝利まで、苦しめられ続けてきた相手だが「(第3戦でも)5本塁打を放っていますし、どこからでも長打の打てるチーム。短期決戦の中で試合を決めるのは長打、本塁打。そこになってくると思うので、注意していきたい」と警戒心を強めた。

「まず相手よりも自分のボールをいかに投げられるか。シーズンなどとはまた違った緊張感があると思いますが、その中で立ち上がりをどういう入り方をするのか。チームの流れ、攻撃陣の流れを作るためにも、立ち上がりは一番大事になると思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」