野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • アルトゥーベの“幻の一発”? ベッツの美技? 柵越え打球がファンの“妨害”で右飛に

アルトゥーベの“幻の一発”? ベッツの美技? 柵越え打球がファンの“妨害”で右飛に

ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第4戦が17日(日本時間18日)にヒューストンのミニッツ・メイド・パークで行われ、初回にアルトゥーベの“フェンスオーバー”の二塁打がライトフライになるまさか(?)のハプニングがあった。

アルトゥーベの打球を捕球しようとしたRソックス・ベッツ【写真:AP】
アルトゥーベの打球を捕球しようとしたRソックス・ベッツ【写真:AP】

ア・リーグ優勝決定シリーズで“珍プレー”、ベッツがフェンス際で捕球しようとして…

■アストロズ ‐ Rソックス(日本時間18日・ヒューストン)

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第4戦が17日(日本時間18日)にヒューストンのミニッツ・メイド・パークで行われ、初回にアルトゥーベの“フェンスオーバー”の二塁打がライトフライになるまさか(?)のハプニングがあった。

 レッドソックスの2勝1敗で迎えた一戦。初回、敵地のレッドソックスがディバースの2点タイムリーで先制した。その裏、アストロズは1死からスプリンガーがヒットで出塁。続くアルトゥーベは先発ポーセロからライトへの大飛球を放った。

 誰も触らなければフェンスオーバーという当たりだったが、ライトのベッツがフェンス際でジャンプ。すると、最前列に座り、そのままボールを捕球しようとしたファンと接触する形となった。ボールはベッツのグラブ、ファンの手にも当たってそのままこぼれ、アルトゥーベは二塁へ。しかし、ビデオ判定となった。

 結果は、ライトのファンが捕球を妨害としたとしてライトフライに。ファンは手を大きく前に出したわけではなかったが、誰も触らなければフェンスオーバーの打球が二塁打、そして、最終的にはライトフライとなってしまった。映像で見ると、ベッツは確かに落下地点にグラブを差し出しており、驚異的な守備力がアウトをもぎ取った形となった。

 大一番で飛び出した“珍プレー”。アストロズは結局、点を奪えずにこの回を終えた。“幻の一発”となり、ミニッツ・メイド・パークは判定に大ブーイング。試合の行方を左右する大きなプレーとなりそうだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」