野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 超美技で幕切れ、Rソックスが激戦制してWS進出王手 アストロズは“幻の一発”に泣く

超美技で幕切れ、Rソックスが激戦制してWS進出王手 アストロズは“幻の一発”に泣く

ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第4戦が17日(日本時間18日)、ヒューストンのミニッツ・メイド・パークで行われ、レッドソックスが8-6で勝利。3勝1敗として、世界一に輝いた2013年以来のワールドシリーズ進出に王手をかけた。

アルトゥーベの打球を捕球しようとしたRソックス・ベッツ【写真:Getty Images】
アルトゥーベの打球を捕球しようとしたRソックス・ベッツ【写真:Getty Images】

元広島のブレイシアはPS7戦連続無失点、絶好調のブラッドリーJr.が決勝弾

■Rソックス 8‐6 アストロズ(日本時間18日・ヒューストン)

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第4戦が17日(日本時間18日)、ヒューストンのミニッツ・メイド・パークで行われ、レッドソックスが8-6で勝利。3勝1敗として、世界一に輝いた2013年以来のワールドシリーズ進出に王手をかけた。点の取り合いとなったが、6回に今シリーズ絶好調のブラッドリーJr.の2ランで逆転。元広島のブレイシアが1回2/3を無失点と好投し、ポストシーズン(PS)7試合連続無失点とした。昨季世界一のアストロズは初回にアルトゥーベの柵越えの当たりがビデオ判定で右飛とされ、“幻の一発”となる不運もあって追い込まれた。

 レッドソックスは初回、アストロズ先発モートンからディバースの2点タイムリーで先制。その裏、アストロズは1死一塁でアルトゥーベがライトへ大飛球を放つ。フェンスオーバーの当たりに右翼手ベッツが懸命にジャンプ。すると、スタンド最前列でボールを捕球しようとしたファンの手とグラブが接触した。ボールはベッツのグラブ、ファンの手にも当たってグラウンド内にこぼれ、アルトゥーベは二塁へ。ビデオ判定になり、ファンが捕球を妨害としたとして右飛という結果となった。

“幻の一発”にミニッツ・メイド・パークは大ブーイングに包まれ、アストロズは結局この回は無得点に。それでも、2回にはコレアのタイムリーで1点を返す。3回にレッドソックスがボガーツのタイムリーで1点を返すと、その裏にはスプリンガーのソロ弾とレディックのタイムリーでアストロズが同点に追いついた。

 1点ずつを取り合って迎えた5回、アストロズはコレアのタイムリーで勝ち越し。しかし、レッドソックスは6回、ブラッドリーJr.がライトへ逆転2ラン。第2戦で3点二塁打、第3戦では満塁弾を放っていた絶好調男が、またしても大仕事をした。

 レッドソックスは6回、ロドリゲスが四球で先頭ケンプを出すと、元広島のブレイシアを投入。ブレグマンを中飛、スプリンガー三ゴロ、アルトゥーベは三ゴロと見事に後続を断つ。直後の7回には押し出し四球で1点を追加。7回も続投したブレイシアは、前頭ゴンザレスは中前にポトリと落ちるヒット、グリエル、レディックは右飛とした後、コレアに右翼線への二塁打を浴びたところで降板。しかし、2死二、三塁のピンチでバーンズがホワイトを三振に仕留めて、2点のリードを保った。ブレイシアは1回2/3を2安打無失点で、ポストシーズンは7試合連続、7イニング連続無失点とした。

 8回、レッドソックスはマルティネスのタイムリーで1点を追加。8回から守護神キンブレルを投入。9回には2死満塁のピンチを招き、ブレグマンにレフトへヒット性の当たりを打たれたが、左翼ベニンテンディがダイビングキャッチ。超美技に救われたキンブレルはキャリアで初の6アウトを取り、逃げ切った。アストロズは結果的にアルトゥーベの“幻の一発”が響く形となり、敗れた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」