野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人マギーが均衡破る一打 6回2死から右中間へタイムリー二塁打

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が18日、マツダスタジアムで行われ、初戦を落とした巨人が6回にマギーのタイムリーで先制した。

広島対巨人の試合経過
広島対巨人の試合経過

好投のジョンソンから6回に2安打を集め先制

■広島 – 巨人(18日・マツダスタジアム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が18日、マツダスタジアムで行われ、初戦を落とした巨人が6回にマギーのタイムリーで先制した。

 広島ジョンソン、巨人田口の両左腕の好投で5回を終え無得点と投手戦が続く。それでも巨人は6回。1死から坂本勇がチーム初安打となる中前打で出塁。2死二塁からマギーが右中間へタイムリー二塁打を放ち先制に成功した。

 巨人の岡本は第3打席で快音が響かずCSファーストステージから合わせて14打数無安打となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」