野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武栗山がCS最多タイ6打点の大活躍! 「ベストなスイングができました」

西武の栗山巧外野手が18日、「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第2戦でCS最多記録タイとなる1試合6打点をマークした。

西武・栗山巧【写真:荒川祐史】
西武・栗山巧【写真:荒川祐史】

第1打席で先制3ラン、第4打席で一塁強襲適時打、第5打席で2点タイムリー

■西武 13-5 ソフトバンク(18日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 西武の栗山巧外野手が18日、「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第2戦でCS最多記録タイとなる1試合6打点をマークした。

 栗山は初回に先制の1号3ランを放つと、6回1死満塁で迎えた第4打席で一塁強襲タイムリー、7回2死満塁の第5打席でもダメ押しとなる中前2点タイムリーを放つなど4打数3安打6打点の大活躍を見せた。

 源田、浅村と共にお立ち台に上がった栗山は「初回の3ランは非常に嬉しかったです。狙いはとにかくランナー返すこと、後ろにつなぐこと、その中でまさかのベストなスイングができました」と笑顔を見せた。

 10年前の日本一を知るベテランは「昨日、負けてるいるので。今日負けると嫌な雰囲気出てくる。やっぱりそこはホームでやれているアドバンテージがあるので。皆様の声援が力になっている」と本拠地に集まったファンに感謝の言葉を送った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」