野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹13失点炎上 計10四死球に工藤監督「出そうと思っている投手はいない」

ソフトバンクは投手陣が崩壊し、大敗した。18日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。初戦に大勝した勢いのまま2つ目の白星を掴みたいところだったが、先発のミランダが2回7失点でノックアウト。その後も投手陣が次々に失点を重ね、終わってみれば、大量13失点。試合後の工藤公康監督は「なんとかしたい気持ちがね、一生懸命やった結果なんでね。また明日なんとか取り返せるようにやるしかないと思います」と語り、第3戦に気持ちを切り替えた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:福谷佑介】

先発のミランダは6安打7失点で2回KO

■西武 13-5 ソフトバンク(18日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ソフトバンクは投手陣が崩壊し、大敗した。18日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。初戦に大勝した勢いのまま2つ目の白星を掴みたいところだったが、先発のミランダが2回7失点でノックアウト。その後も投手陣が次々に失点を重ね、終わってみれば、大量13失点。試合後の工藤公康監督は「なんとかしたい気持ちがね、一生懸命やった結果なんでね。また明日なんとか取り返せるようにやるしかないと思います」と語り、第3戦に気持ちを切り替えた。

 ファーストステージ初戦から中4日で送り込んだミランダがまさかの大炎上だった。初回、栗山に3ランを被弾し、3点を先制された。すぐさま味方打線が同点に追いついたが、2回には源田の勝ち越し適時打、浅村の3ランでさらに4失点。2回6安打7失点でノックアウトされた。まさかの背信KOとなった左腕を、指揮官は「低めには投げようとしていたけど、それがボールになって苦しくなったというとこはありますけど」と評した。

 2番手の大竹、3番手の高橋礼は1失点、4番手の寺原は与えた3つの四球が全て失点に繋がり、7回に大量4失点。とどめを刺された。4投手で計10四死球を与え、うち6個が失点になった。

 戦前から警戒していた四死球が大量点の起因となったが、指揮官は「出そうと思って出している投手は1人もいない。なんとか抑えようと思ってやっている。結果は結果として受け止めたほうがいいとは思いますし、受け止めないといけないと思ってます。一生懸命やった結果なので、結果云々よりも明日に向かって何をできるかというのをやっていければいい」と語った。

 打線は活発で、この日も序盤はリードを奪われても粘りをみせて反撃した。8安打で5得点に「しっかり点は取れている。調子が悪いわけじゃないので、これを続けてもらって、もう1点もう1点と取れるようにやっていきたい」と指揮官。1勝2敗と再び劣勢に立たされたソフトバンク。第3戦は千賀が先発する。打ち合いでは、やはり苦しい。投手陣の奮闘が、勝利には欠かせない。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」