野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • アルトゥーベの“柵越え”が右飛に…審判は自信「判定を覆すものは何もなかった」

アルトゥーベの“柵越え”が右飛に…審判は自信「判定を覆すものは何もなかった」

17日(日本時間18日)にヒューストンのミニッツ・メイド・パークで行われたリーグ優勝決定シリーズ第4戦は、レッドソックスが8-6でアストロズに勝利し、3勝1敗としてワールドシリーズ進出に王手をかけた。結果的に2点差での決着とあって、試合後も物議を醸したのが初回のホセ・アルトゥーベの“幻の本塁打”だ。ファンの妨害で右飛となった判定について、ジョー・ウェスト審判は試合後に「判定を覆すものは何もなかった」と明言している。

アルトゥーベの打球を捕球しようとしたRソックス・ベッツ【写真:AP】
アルトゥーベの打球を捕球しようとしたRソックス・ベッツ【写真:AP】

アストロズは“幻の一発”に泣き崖っぷち、審判は説明「これが一部始終だ」

 17日(日本時間18日)にヒューストンのミニッツ・メイド・パークで行われたリーグ優勝決定シリーズ第4戦は、レッドソックスが8-6でアストロズに勝利し、3勝1敗としてワールドシリーズ進出に王手をかけた。結果的に2点差での決着とあって、試合後も物議を醸したのが初回のホセ・アルトゥーベの“幻の本塁打”だ。ファンの妨害で右飛となった判定について、ジョー・ウェスト審判は試合後に「判定を覆すものは何もなかった」と明言している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 初回に先発モートンが2失点を喫したアストロズ。その裏、1死一塁からアルトゥーベがライトへの大飛球を放った。すると、右翼のベッツが打球を追い、フェンス際でジャンプ。フェンスを越えようかという当たりを捕球しそうになったところで、手を伸ばした観客と接触した。ボールはグラブ、観客の手に当たり、グラウンド内に。アルトゥーベは二塁まで進んでいたが、ウェスト外野審判はアウトを宣告していた。

 ビデオ判定となったものの、覆らずにそのままアウト。スタジアムは大ブーイングとなり、ボールを触ったファンは退席処分となった。

 なぜアウトとなったのか。ウェスト審判は試合後に「彼(ベッツ)がジャンプして打球に手を伸ばした。観客がスタンドから手を伸ばし、プレーのフィールドで彼に接触し、彼のグラブが閉じた」と説明。打球、ベッツのグラブがレールを越えていなかったかとの問いには、いずれも「越えていなかった」と断言した。

 そして、「これが一部始終だ。彼(アルトゥーベ)がライトに打った。彼がジャンプして捕球しようとした。ファンがプレーのフィールドで彼を妨害した。だから、観客の妨害だと判断した」とさらに説明。自分の中ではっきりした判断かと聞かれると「そのとおりだ」と毅然と答えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」