野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・辻監督が大一番で多和田を続投させた理由 「そこを乗り越えないと」

前夜のダメージをそっくり返してみせた。西武が18日、ソフトバンクに快勝。「パーソル CS パ」第2戦を勝利し、アドバンテージを含む対戦成績を2勝1敗とした。

ソフトバンク戦に先発した西武・多和田真三郎【写真:福谷佑介】
ソフトバンク戦に先発した西武・多和田真三郎【写真:福谷佑介】

3回は3四球と制球を乱し中村晃に2点適時打を浴びたが……

■西武 13-5 ソフトバンク(18日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 前夜のダメージをそっくり返してみせた。西武が18日、ソフトバンクに快勝。「パーソル CS パ」第2戦を勝利し、アドバンテージを含む対戦成績を2勝1敗とした。

 16安打10失点という大敗で初戦を落としたライオンズ。嫌な流れを、初回にかき消した。2死一、二塁から5番・栗山が右翼席へ3ラン。「非常にうれしかった。狙いは走者をかえす。カウント3-2だったので後ろにつなぐ。その中で、ベストのスイングができました」という会心の一撃だった。

 10年前の日本一を知るベテラン。「昨日負けて、今日負けると嫌な雰囲気ができていたと思う」。危機感をのぞかせつつ、だからこそ自らのバットでチームを救った。さらに6回1死満塁から一塁手強襲の適時打、7回2死満塁では中前に2点適時打。CS最多タイとなる1試合6打点の大暴れでチームを勢い付けた。

 上位打線にも活気が戻った。2番・源田は3安打2打点。3番の主将・浅村は一発を含む2安打3打点。そして初戦から安打のなかった1番・秋山もこの日の5打席目で初安打。11安打13得点と今季の戦いを象徴する打線爆発となった。

 先発の多和田投手は6回5失点と苦しみながら白星をつかんだ。3回は3四球と乱れ、6番・中村晃に右越え2点適時打を打たれ序盤に5失点。だが辻監督は動かなかった。「フラフラ、フラフラして『どうしますか?』と投手コーチも言ってきてたけど、エースにならなきゃいけない投手。そこを乗り越えないといけない。大事な試合で負けられない」。絶対的エース・菊池投手が今オフ、メジャー挑戦の可能性がある中、来年以降の投手陣の柱となるべき男。指揮官の思いに何とか応え、中盤は無失点に抑えた。

 これで2勝1敗。両軍ノーガードの打ち合いのような乱打戦で始まった「パーソル CS パ」ファイナルステージ。19日は球界を代表する右腕・千賀が相手。お立ち台で栗山は誓った。「選手全員で、一生懸命戦っていきます」。相手エースを粉砕し、一気に王手としたい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」