野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークスが4点先制! 上林先制3ラン&中村適時打、西武榎田3回KO

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が19日、メットライフドームで行われ、ソフトバンクの上林誠知外野手が3回に先制3ランを放った。

先制3ランを放ったソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】
先制3ランを放ったソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】

先発・千賀は初回先頭から6者連続凡退

■西武 – ソフトバンク(19日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が19日、メットライフドームで行われ、ソフトバンクの上林誠知外野手が3回に先制3ランを放った。

 0-0で迎えた3回表。ソフトバンク打線が西武先発の榎田に襲い掛かった。先頭・西田が左翼への安打、続く甲斐が四球を選んで出塁すると、川島がしっかり送って1死二、三塁の好機。ここで打席に立った上林は、2ボールからの3球目スライダーを強振。打球は右翼席に飛び込む先制3ランとなった。

 なおもグラシアルの中堅二塁打、デスパイネの四球などで2死一、三塁と好機を生むと、ここで中村がレフトへタイムリーを運び、4点目を加えた。西武先発の榎田は3回5安打4失点でノックアウトとなった。

 第2戦は2桁安打2桁得点を許し、西武に大敗したソフトバンクだが、2回まで先発・千賀が6者連続凡退の好投披露。さらに打線は3回に4点と畳みかけ、この日は早々に主導権を握った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」