野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・上林が驚愕レーザー 先制3ラン&適時打の4打点大活躍で6点リード

ソフトバンクの上林誠知外野手が、驚愕のレーザービームを披露した。19日、本拠地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第3戦。3回に先制の3ランを放った上林は、その直後の守備では好返球で失点を阻止し、攻守に渡って大活躍している。

先制3ランを放ったソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】
先制3ランを放ったソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】

3回に先制3ラン、その直後の守備では好返球で失点阻止

■西武 – ソフトバンク(19日・メットライフ)

【オンラインイベント】「Full-Count Presents ソフトバンク担当記者と“延長戦” 今日の勝負のポイントを語ろう!」開催のお知らせ

 ソフトバンクの上林誠知外野手が、驚愕のレーザービームを披露した。19日、本拠地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第3戦。3回に先制の3ランを放った上林は、その直後の守備では好返球で失点を阻止し、攻守に渡って大活躍している。

 3回1死二、三塁で右翼スタンドへの先制3ランを放った上林。先発の千賀をバットで援護するだけでなく、守備でも右腕を救った。一発を放った直後。千賀が連打などで招いた2死一、二塁で源田が右前安打を放った。

 二塁走者の森が思い切って三塁を蹴って本塁へと突入。打球を処理した上林は素早く本塁へと矢のような送球を送った。ワンバウンドで甲斐のミットにボールは収まり、間一髪のところで森はタッチアウト。本塁ベースカバーに回っていた千賀は雄叫びをあげ、ガッツポーズで上林の好返球を称えた。

 さらに上林は、その直後の4回の攻撃でも中前適時打を放って追加点を演出。4回までに上林は2安打4打点と活躍し、チームも6点のリードを奪った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」