野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークスが15得点快勝 6打点上林はサイクルに二塁打足らず「持ってなかった」

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が19日、メットライフドームで行われ、ソフトバンクが16安打15得点で西武に爆勝し、対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。この日、3安打6打点と大活躍だった上林誠知外野手は、二塁打を打てばCS史上初のサイクル達成だったが届かず。試合後のヒーローインタビューで「持ってなかったですね」と苦笑いした。

3安打6打点と活躍したソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】
3安打6打点と活躍したソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】

守備では本塁へレーザービーム「自作自演で申し訳なかった」

■ソフトバンク 15-4 西武(19日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が19日、メットライフドームで行われ、ソフトバンクが16安打15得点で西武に爆勝し、対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。この日、3安打6打点と大活躍だった上林誠知外野手は、二塁打を打てばCS史上初のサイクル達成だったが届かず。試合後のヒーローインタビューで「持ってなかったですね」と苦笑いした。

 上林は3回に右翼へ先制3ランを運ぶと、4回にはセンター前へタイムリー。さらに5回にはセンターへ2点三塁打を放ち、サイクルヒットに王手をかけた。上林は「ベンチでも言われていましたし、最後の打席ではスタンドからも言われたので、意識したけど、持ってなかったですね」と苦笑い。3回守備では、2死一、二塁で源田が放った右前打を捕球すると、本塁へレーザービーム送球。二塁から一気にホームを目指した森を指したが、「その前のライト前ヒットを獲れたので、自作自演で申し訳なかった」と笑わせた。

 これで対戦成績は2勝2敗のタイとなったが、まだまだ追う立場。「今日でタイにはなったけど勝ち越しはできていないので、明日勝って勝ち越しできるように頑張ります」と、第4戦の勝利を誓った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」