野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島が2年ぶり日本S進出、ホークスは16安打15得点と快勝…19日セ・パCSは?

広島が2年ぶり日本S進出、ホークスは16安打15得点と快勝…19日セ・パCSは?

プロ野球は19日、セパのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が行われた。広島は巨人に5-1と快勝し、アドバンテージを含めた4勝無敗で日本シリーズ進出を決めた。一方、ソフトバンクは西武に15-4と大勝し、対戦成績を2勝2敗の五分に戻して、勝ち抜けの望みをつないだ。

広島・緒方孝市監督とソフトバンク・工藤公康監督(左から)【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督とソフトバンク・工藤公康監督(左から)【写真:荒川祐史】

ホークス上林は3安打6打点の大活躍

 プロ野球は19日、セパのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が行われた。広島は巨人に5-1と快勝し、アドバンテージを含めた4勝無敗で日本シリーズ進出を決めた。一方、ソフトバンクは西武に15-4と大勝し、対戦成績を2勝2敗の五分に戻して、勝ち抜けの望みをつないだ。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

〇広島5-1巨人(マツダスタジアム)

 日本シリーズ進出に王手をかけていた広島が盤石な戦いで、巨人をスイープした。先発・九里亜蓮が6回1死までノーヒットノーランの快投を披露。打線も2回に野間の右翼タイムリー二塁打などで2点を先制すると、3回には丸が右翼へソロ弾。5回には2死満塁から野間の打球が坂本のエラーを誘い、2点を加えた。6回に1点を返されたが、最後まで主導権を譲らず。2年ぶり8度目の日本シリーズ進出を決めた。今季限りでの退任を発表している巨人の高橋監督は、これが最後の采配となった。

〇ソフトバンク15-4西武(メットライフ)

 ソフトバンク打線が大爆発した。3回に上林が先制3ランを右翼スタンドに運ぶと、4回には川島と上林がタイムリー。さらにグラシアルの適時打、デスパイネの犠飛も飛び出し、一気に点差を広げた。上林は5回にもタイムリー三塁打を放ち、CS史上初となるサイクル安打に王手をかけたが、二塁打が出ず。それでも3安打6打点の大活躍を見せた。投げては先発の千賀が5回4安打1失点と好投。西武は先発の榎田、2番手の十亀が相次いでKOされる苦しい展開だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」