野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・柳田、逆方向へ確信の決勝弾 初回の2ランに「打ち方、スイング良かった」

ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけた。20日、敵地メットライフドームでの「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第4戦。初回に柳田の2ランで先制すると、終盤に突き放して8-2で大勝した。これで対戦成績を3勝2敗としてファイナルステージ突破へあと1勝に迫った。

先制2ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】
先制2ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】

3勝2敗で日本Sへ王手「あと1つ頑張ります」

■ソフトバンク 8-2 西武(20日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけた。20日、敵地メットライフドームでの「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第4戦。初回に柳田の2ランで先制すると、終盤に突き放して8-2で大勝した。これで対戦成績を3勝2敗としてファイナルステージ突破へあと1勝に迫った。

 主砲の一振りが獅子を消沈させた。初回、4番の柳田が大きな一発を放った。2死からグラシアルが四球を選ぶと、値千金の一撃が。1ボール1ストライクからの3球目。西武先発の今井が投じた外角高めの真っ直ぐを「リラックスして、カチ上げました」。打球は逆方向の左翼へ高々と舞い上がると、そのままスタンドへ。「上がり過ぎたかなとは思ったけど、ホームランになるとは思った。打ち方、スイングは良かった」と確信の一打は先制の2ラン。スタンドはどよめきに包まれた。

 この一発で勢いに乗った打線は2回に甲斐が2ランを放ってリードを拡大。7回には2死一塁から柳田が四球を選んでチャンスを広げ、そこから4点を奪って試合を決めた。3勝2敗とし、2年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。今季、選手会長を務める柳田は「あと1つ、頑張ります」と話し、帰りのバスに乗り込んだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」