野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ファン総立ち、西武木村の超美技が凄い! 右翼フェンス激突もボール死守

リーグ王者の西武が崖っぷちに立たされた。20日、本拠地で行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第4戦。ソフトバンクに2-8で敗れ通算2勝3敗と後がなくなった。敗戦の中でも攻守に存在感を見せた選手は木村文紀外野手だった。

攻守に活躍した西武・木村文紀【画像:(C)PLM】
攻守に活躍した西武・木村文紀【画像:(C)PLM】

CS初スタメンで1号2ラン、守っても右翼への大飛球をジャンプ一番で好捕

 リーグ王者の西武が崖っぷちに立たされた。20日、本拠地で行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第4戦。ソフトバンクに2-8で敗れ通算2勝3敗と後がなくなった。しかし、敗戦の中でも攻守に存在感を見せた選手が木村文紀外野手だった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 CS初スタメン出場となったプロ12年目のベテランが輝きを放った。まずはバットで見せる。4点を追う3回無死二塁で迎えた第1打席。ソフトバンク東浜のシンカーを捉えた打球は左中間スタンドに飛び込む1号2ラン。

 だが、これだけでは終わらず次はビッグプレーで球場を沸かせた。4回2死一塁の場面で甲斐が放った打球は右翼への大飛球となった。木村は右翼フェンス付近でジャンプ一番で好捕。フェンスにぶつかりながらもボールを死守する超美技で追加点を許さなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」