野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 若き大砲・安田に待望の一発 先制アーチで日本勝利「勝ちを呼び込める選手に」

若き大砲・安田に待望の一発 先制アーチで日本勝利「勝ちを呼び込める選手に」

野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は20日(日本時間21日)、オープニングラウンド第2戦が行われ、A組の日本はチャイニーズ・タイペイを3-1で下し、2連勝を飾った。

チャイニーズ・タイペイ戦で2ランを放った安田尚憲【写真:Getty Images】
チャイニーズ・タイペイ戦で2ランを放った安田尚憲【写真:Getty Images】

稲葉監督も安堵「あの一発で非常に気分も良くなったと思う」

 野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は20日(日本時間21日)、オープニングラウンド第2戦が行われ、A組の日本はチャイニーズ・タイペイを3-1で下し、2連勝を飾った。先制点を挙げたのは安田尚憲内野手(ロッテ)だ。3回1死二塁のチャンスで相手左腕の変化球を捉え、右越え2ラン。プロ1年目の19歳ながら3番を任される男の一発が接戦での勝利を呼び込んだ。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「初回にまずいプレーしていたので、それを取り返す気持ちでいた。やっといい打球が打てたので、これを機に明日につなげていきたい。(ロッテでチームメイトの)種市さんが先発だったので、楽に投げさせたいという気持ちもあった。1本早めに出てよかった」

 初回、一塁の守備に就いた安田は、先頭打者の一二塁間への打球を捕球した後、一塁ベースカバーに入った種市に悪送球。記録は安打となったが、チャイニーズ・タイペイに先制のチャンスを与えていた。それだけに、借りを返したい思いが強かった。

 履正社高時代の昨年も高校ジャパンに選ばれ、カナダで行われたU-18W杯に出場、3位の座を手にした。そして、2年連続で着る侍ジャパンのユニホーム。「Uー18(W杯)とはレベルも気候も違う。審判も日本とは違うのでストライクゾーンも変わる。自分で(判定を)決めつけないようにしたい」と、昨年の経験を踏まえ、打席に立っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」