野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武が反撃開始! 強行出場の森の右前適時打などで1点差に迫る

西武とソフトバンクが戦う「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージは21日、西武の本拠地メットライフドームで第5戦が行われた。崖っぷちに追い込まれた西武は初回に3点先制されたが、5回に反撃に転じた。

適時打を放った西武・森【写真:福谷佑介】
適時打を放った西武・森【写真:福谷佑介】

森は前日、デスパイネのバットが左腕を直撃し交代していた

■西武 – ソフトバンク(21日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 西武とソフトバンクが戦う「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージは21日、西武の本拠地メットライフドームで第5戦が行われた。崖っぷちに追い込まれた西武は初回に3点先制されたが、5回に反撃に転じた。

 この回先頭の外崎が遊撃への内野安打で出塁。不振で打順を7番に下げた中村が一、二塁間を右前安打で繋いで無死一、三塁のチャンスを作った。ここで打席に立ったのは森。前日、デスパイネのバットが左腕を直撃して負傷交代していながら、この日強行出場した森が右前へ適時打を放って、まず1点を返した。

 続くメヒアは遊ゴロ併殺打に倒れたが、この間に三塁走者が生還し、2点目。1点差に詰め寄った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」