野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス初下剋上、工藤監督「最終目標は日本一」 優勝インタビュー全文

ペナントレース2位のソフトバンクがクライマックスシリーズ(CS)ファイナルで西武を4勝2敗(西武のアドバンテージ1勝を含む)で破り、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。21日の第5戦は6-5で勝利。第3戦から3連勝で下克上を達成した工藤公康監督は、試合後の場内インタビューで「ホッとしています」と喜びを噛み締めた。

3連勝で、2年連続の日本シリーズ進出を決めたソフトバンク【写真:福谷佑介】
3連勝で、2年連続の日本シリーズ進出を決めたソフトバンク【写真:福谷佑介】

4勝2敗でCSファイナル制す、広島との日本Sへ「今はホッとしています」

■ソフトバンク 6-5 西武(21日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ペナントレース2位のソフトバンクがクライマックスシリーズ(CS)ファイナルで西武を4勝2敗(西武のアドバンテージ1勝を含む)で破り、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。21日の第5戦は6-5で勝利。第3戦から3連勝で下克上を達成した工藤公康監督は、試合後の場内インタビューで「ホッとしています」と喜びを噛み締めた。

 主砲の柳田が先制の3点二塁打を含む4打点の大暴れ。先発に抜擢したドラフト2位ルーキーの高橋礼は3回まで西武打線をパーフェクトに封じるなど、4回2/3を投げて6安打2失点と好投した。5回途中からはモイネロ、石川、加治屋、森のリレーで逃げ切り。3戦連続2桁安打、5試合計63安打のCS史上最多安打と西武の“山賊打線“のお株を奪う打線爆発でシリーズを制した。

 日本一に輝いた昨季に続き、2年連続の日本シリーズ進出。27日からの日本シリーズでは、セ・リーグ3連覇を飾った広島と激突する。試合後の工藤監督の場内インタビューの一問一答は以下の通り。

――今どんな気持ちか。

「本当にこのメットライフドームにたくさんのホークスファンの方が駆けつけていただいて、熱い応援をしてくれたことで、選手たちも燃えて、戦うことができたので本当に嬉しく思いますし、今、終わった後はホッとしています」

――どんな気持ちで西武に向かっていった?

「本当に挑戦する気持ちで。それだけです。とにかく勝つか負けるか、勝負事でやってみないとわからないんですけど、とにかく西武にチャレンジして何とか勝ちたい。そういう気持ちでここまでやってきました」

――選手の姿をどう見ていた?

「本当に頼もしく見えましたし、ファーストステージでやってきたことが本当に選手の成長にもつながりましたし、またここで戦うことによって、選手がまた成長してくれたと思って、頼もしく見ていました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」