野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CS突破のホークス、柳田がMVP「いい仕事できた」 日本一へ「あと4つ勝つ」

ソフトバンクは21日、敵地メットライフドームで行われたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦に6-5で勝利し、4勝2敗で2年連続の日本シリーズ進出を決めた。4番の柳田悠岐外野手が、初回の先制3点二塁打を含む2安打4打点の活躍。第4戦でも先制2ランを放っていた主砲はMVPに選出され、「いい仕事ができた」と喜んだ。

MVPに選出されたソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】
MVPに選出されたソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】

第4戦で先制2ラン&第5戦は4打点の大暴れ、MVPに「自分でいいのかな」

■ソフトバンク 6-5 西武(21日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ソフトバンクは21日、敵地メットライフドームで行われたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦に6-5で勝利し、4勝2敗で2年連続の日本シリーズ進出を決めた。4番の柳田悠岐外野手が、初回の先制3点二塁打を含む2安打4打点の活躍。第4戦でも先制2ランを放っていた主砲はMVPに選出され、「いい仕事ができた」と喜んだ。

 この日も主役は柳田だった。初回、上林の二塁打、明石の死球、グラシアルの絶妙なセーフティーバントで無死満塁のチャンスを作ると、左中間へ走者一掃の適時二塁打を放って、いきなり3点を先制。1点差に詰め寄られた6回には先頭で打席に入り、高々と舞い上がって右翼スタンドへ飛び込むソロ本塁打。2安打4打点と大暴れし、1人で試合を決めた。

 日本ハムとのCSファーストステージは9打数1安打の打率.111と苦しんだ。しかし、このファイナルステージから本領発揮。打率.450、1本塁打、8打点と打線を牽引した。MVPに選出され、試合後には場内インタビューで「自分でいいのかなという気持ちですけど、みなさんのおかげなので、チームのスタッフみんなに還元します」と話した。

 CSファーストから合わせて9打点。「チームのために点を取るのは自分の仕事なので、いい仕事できました」とうなずき、広島との対戦する日本シリーズに向けて「ここまで来たらあと4つ勝ちます!」と誓っていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」