野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本、メキシコ撃破し開幕3連勝 4番の楽天内田が先制3ラン「自信にしていい」

野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は開催3日目の21日(日本時間22日)、オープニングラウンド第3戦が行われ、A組の日本は、2連勝同士の対決となったメキシコに7-2で勝利。3連勝を飾り、スーパーラウンド進出に大きく近づいた。

先制3ランホームランを放った内田靖人【写真:Getty Images】
先制3ランホームランを放った内田靖人【写真:Getty Images】

2連勝同士の対決制す、稲葉監督も絶賛「勇気を与えてもらった」

 野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は開催3日目の21日(日本時間22日)、オープニングラウンド第3戦が行われ、A組の日本は、2連勝同士の対決となったメキシコに7-2で勝利。3連勝を飾り、スーパーラウンド進出に大きく近づいた。

育成選手から支配下登録、そしてU-23代表 ロッテ5年目捕手が得た「大きな財産」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回1死一、二塁から主将の4番・内田靖人内野手(楽天)が今大会2本目となる先制の左中間への3ラン。3回には堀内謙伍捕手(楽天)の左前適時打、4回には周東佑京外野手(ソフトバンク)の中堅への犠飛で追加点を奪うと、5回には相手の失策の間に、6回にも宮澤義也(よしゅあ)外野手(新日鐵君津かずさマジック)の中堅への犠飛で得点を重ねた。前日20日のオランダ戦で4本塁打を放つなど、14得点を挙げているメキシコ相手に攻撃の手を緩めなかった。

 5回には、中山悠輝内野手(東京ガス)が一ゴロを放った際に相手一塁選手と交錯して右足を痛めると、監督自ら一塁に向かい、中山を背負ってベンチまで運ぶシーンも。そんな指揮官の熱い思いも、選手には伝わっていた。

 初戦の南アフリカ戦に続き、今大会2本目の本塁打となった内田は「チャンスで全然打てていなかったですし、初回で何とか先制点が欲しかったので、あそこで打てたのはよかった」と安堵の表情。打球は左中間のフェンスの奥にあるブルペンの壁に当たる大きな当たりで「手応えはあった。狙い球の直球をしっかり1球で仕留められたのはよかった。長打が持ち味なので、左中間の深いところに入れられたのは自信にしていいと思う。続けていけるように頑張りたい」。2連勝同士の対戦となったメキシコを破っての3連勝で「チームとして雰囲気はいい。(2勝のメキシコに勝っての3連勝は)大きいと思う」と、価値ある勝利を喜んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」