野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ根元新Cが背番号「2」で秋季練習スタート 「このままではまずいでしょう」

今季限りで13年間の現役生活を終え、1軍の内野守備走塁コーチに就任した根元俊一コーチが22日、埼玉のロッテ浦和球場で始まった秋季練習でコーチ業をスタートさせた。

背番号「2」のユニホームでグラウンドに姿を見せたロッテ・根元俊一コーチ【写真:細野能功】
背番号「2」のユニホームでグラウンドに姿を見せたロッテ・根元俊一コーチ【写真:細野能功】

将来的には両打でノックを行うことを視野に入れた

 今季限りで13年間の現役生活を終え、1軍の内野守備走塁コーチに就任した根元俊一コーチが22日、埼玉のロッテ浦和球場で始まった秋季練習でコーチ業をスタートさせた。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 現役の背番号「2」のユニホームでグラウンドに姿を見せたが「さすがにこのままではまずいでしょう。(番号が決まるのは)スタッフが全部決まってからでしょう。番号も何番になるか聞いていない」と苦笑い。それでも、ノックではキャッチャーフライを無難に打ちあげ鳥越コーチからも「うまいな」と褒められるなど見事なバット捌きを見せた。

 現役時代は左打ちだったが「基本は左だが、両方出来るようにしたい。選手と一番近いところにいる。うまくコミュニケーションをとりながら、1年間戦えるタフな選手をどう作っていきたい」と意欲を見せた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」