野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“2位縛り”での指名漏れから2年 日本通運の155キロ右腕が迎える運命の日

今月25日に開催されるプロ野球のドラフト会議。2年前、プロで活躍する自信が持てず、上位指名を条件にして指名漏れを経験した投手が、満を持して運命の日を迎える。日本通運の生田目翼投手だ。

インタビューに応じた日本通運・生田目翼【写真:篠崎有理枝】
インタビューに応じた日本通運・生田目翼【写真:篠崎有理枝】

もともとは遊撃手志望、“二刀流”目指すも夢破れる

 今月25日に開催されるプロ野球のドラフト会議。2年前、プロで活躍する自信が持てず、上位指名を条件にして指名漏れを経験した投手が、満を持して運命の日を迎える。日本通運の生田目翼投手だ。

 生田目は流通経済大3年春には最速155キロを記録したが、その後は怪我に苦しみ、復帰できたのは4年秋。万全な状態ではなかった右腕は、2年後の上位指名を目指し社会人野球に進んだ。

 茨城・水戸工では遊撃手と投手を兼任。卒業後は「ショートもやらせてもらえるから」という理由で流通経済大に進学した。

「もともとバッティングが好きだし、華があるので、大学でショートをやりたかったんです。色々な大学を回ったのですが、流通経済大はピッチャーとショート、両方やらせてくれると言って下さったので選びました」

 しかし、二刀流の夢は入部早々に破れた。

「周りのレベルが高く、自分の満足できるプレーができませんでした。高校までの感覚で行ったので、現実を見せられました。ノックを受けて、その後にピッチングをやるのもきつかった。二刀流は大変でした」

 高校時代から145キロの速球を投げていた生田目は、それから投手に専念。「球が速い方が打者を抑えられるから」という理由で球速にこだわっており、松坂大輔(中日)や斉藤和巳(元ソフトバンク)の動画を見て、プレートの使い方や足の出し方を研究。高校入学当初は130キロ台前半だった球速を、試行錯誤しながら伸ばしていった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」