野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

燕・寺島が6回途中2失点の力投も後輩に感謝 「高校の時から援護してもらって」

「第2回WBSC U-23ワールドカップ」の開催5日目となった23日(日本時間24日)、オープニングラウンド第5戦が行われ、A組の日本は地元コロンビアを7-2で下し、無傷の5連勝を飾った。先発左腕・寺島成輝投手(ヤクルト)はメジャー傘下1A、ルーキーリーグ所属選手が中心のコロンビア相手に、5回1/3、4安打2失点と力投し白星を手にした。

コロンビア戦に先発した侍U-23代表のヤクルト・寺島成輝【写真:Getty Images】
コロンビア戦に先発した侍U-23代表のヤクルト・寺島成輝【写真:Getty Images】

初回に先制点を許したが粘りの投球で6回途中2失点

 「第2回WBSC U-23ワールドカップ」の開催5日目となった23日(日本時間24日)、オープニングラウンド第5戦が行われ、A組の日本は地元コロンビアを7-2で下し、無傷の5連勝を飾った。先発左腕・寺島成輝投手(ヤクルト)はメジャー傘下1A、ルーキーリーグ所属選手が中心のコロンビア相手に、5回1/3、4安打2失点と力投し白星を手にした。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 立ち上がりは苦しんだ。初回、先頭打者に右中間への二塁打を浴びると、暴投で走者を三塁に進め、1死一、三塁から4番打者に右前打。早々と先制点を許した。だが、後続を抑え、最少失点で切り抜けると、打線が3回に3点を奪い逆転。3回には2死から三塁打を許し、ピンチを迎えたが、後続の4番打者を140の外角直球で空振り三振。6回1死一塁の場面で2番手鈴木優投手(オリックス)にマウンドを譲ったが、先発の役割はしっかりと果たした。

「立ち上がりは雰囲気に飲まれたところがあった。点は入れられたが、最少失点で抑えようと思って投げた。コロンビア打線は自分の直球だけでは打ち取れないと感じたが、(捕手の)堀内さんが打者を見てよくリードしてくれた。変化球を交えながら投げたので、バッターも真っ直ぐに差し込まれていてよかったかなと思う」

 中学、高校時代にも日本代表は経験しているが「U-23はプロ選手の代表なので、過去にプレーした代表と比べることはしない。1から結果を出していくしかない」と話していた寺島。降板後の7、9回には履正社の後輩である安田尚憲内野手(ロッテ)が犠飛で追加点を奪い、寺島の白星を援護。「高校の時から援護してもらっているので、援護してくれると思います」という後輩のダメ押しの6、7点目も大きかった。

 稲葉篤紀監督も「最初に点を取られたが、寺島が1点で抑えてくれたのが大きかった。あそこで四球がなかったのが一番よかったと思う」と、先制点を許しても、冷静に投げ続けた先発左腕を評価していた。

(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」