野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2大会連続出場の広島塹江が完璧火消しでリベンジ 「前回は悔しい思いをした」

「第2回WBSC Uー23ワールドカップ」に参戦している日本は23日(日本時間24日)、オープニングラウンド第5戦で地元コロンビアを7-2で下し、無傷の5連勝でA組1位通過を決めた。

コロンビア戦に登板した侍U-23代表の塹江敦哉【写真:Getty Images】
コロンビア戦に登板した侍U-23代表の塹江敦哉【写真:Getty Images】

チームで唯一、2大会連続出場となった広島の塹江

 「第2回WBSC Uー23ワールドカップ」に参戦している日本は23日(日本時間24日)、オープニングラウンド第5戦で地元コロンビアを7-2で下し、無傷の5連勝でA組1位通過を決めた。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 中盤のピンチを封じ込めたのは、16年のメキシコ大会に続き、チームで唯一2大会連続出場となった塹江(ほりえ)敦哉投手(広島)だった。2点リードの6回。1点を奪われ、さらに2死二、三塁と、一打逆転の場面でマウンドに上がると、8番ポッソをフルカウントからスライダーで空振り三振。完全アウェーの雰囲気で、スタンドから地元ファンの声援が飛び交う中、ストライクゾーンからボールになる低めの変化球を振らせ、ピンチを脱した。

 見事な火消しを見せた左腕は「1点差だったが、力を入れたからといって球が良くなる訳ではないので、いつも通り、危ないところだけケアして投げた。打者をちゃんと振らせることができたのはよかった」と冷静に分析。

 地元コロンビアファンの大歓声の中でも「気にせずやれた。スーパーラウンドにも結果が関わってくるので、5連勝できてよかったし、点差が少ない試合が今回が初めてだったので、そういうところでみんな成長できて、次につながる試合だったと思う」とチームの成長を感じ取っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」