野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ドジャースが4回に逆転成功! ケンプ犠飛&プイグ適時打 WS初のリード得る

ドジャースが4回に逆転成功! ケンプ犠飛&プイグ適時打 WS初のリード得る

第114回ワールドシリーズ第2戦が24日(日本時間25日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、1点先制されたドジャースが4回に逆転に成功。2-1と試合を返した。

勝ち越しとなるタイムリーを放ったドジャース・プイグ【写真:AP】
勝ち越しとなるタイムリーを放ったドジャース・プイグ【写真:AP】

4回にCY賞プライスを相手に無死満塁の絶好機

■Rソックス – ドジャース(日本時間25日・ボストン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 第114回ワールドシリーズ第2戦が24日(日本時間25日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、1点先制されたドジャースが4回に逆転に成功。2-1と試合を返した。

 第1戦に続き、レッドソックスに先制を許したドジャースだが、4回に反撃に出た。レッドソックス先発左腕プライスから先頭フリースが右前打で出塁すると、続くマチャドが中前打。テイラーが四球を選び、無死満塁の絶好機を迎えたところで、前日ソロ弾を放ったケンプが中堅へ犠飛を放ち、同点に追いつく。

 ヘルナンデスは9球目まで粘ったものの空振り三振。2死一、二塁の場面でプイグが初球をセンターへ弾き返すと、二塁走者だったマチャドが一気にホームインし、逆転に成功した。

 これで今ワールドシリーズで初めてリードを奪ったドジャース。敵地で勝利を飾り、対戦成績を五分に戻して本拠地へ戻りたい。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」