野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • Rソックスが5回に再逆転! 打点王マルティネス殊勲の勝ち越し2点適時打

Rソックスが5回に再逆転! 打点王マルティネス殊勲の勝ち越し2点適時打

第114回ワールドシリーズ第2戦が24日(日本時間25日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、レッドソックスが5回に3点を挙げ、再逆転に成功した。

勝ち越しタイムリーを放ったRソックスのJD・マルティネス【写真:AP】
勝ち越しタイムリーを放ったRソックスのJD・マルティネス【写真:AP】

ドジャースは継投裏目で自滅

■Rソックス – ドジャース(日本時間25日・ボストン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 第114回ワールドシリーズ第2戦が24日(日本時間25日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、レッドソックスが5回に3点を挙げ、再逆転に成功した。

 レッドソックスは2回に1点を先制したが、先発左腕プライスが4回に2失点。今季ワールドシリーズで初めてリードを許した。だが、5回に打線がつながった。

 2死走者なしから、この日先発マスクをかぶったバスケスが右前打で出塁。すると、ベッツが中前打、ベニンテンディが四球で満塁の絶好機を作る。ここでドジャースは先発左腕・柳に代えて救援マドソンを投入。だが、そのマドソンが最初の打者ピアースに痛恨の押し出し四球で同点に追いつかれる。

 なおも2死満塁の好機で今季打点王のマルティネスが右前にタイムリーを弾き返し、2走者が生還。相手のミスに畳みかけ、見事に再逆転に成功した。

 ドジャースはロバーツ監督の継投策が裏目となり、自滅する形となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」