野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

社会人組は即戦力の活躍ができた? 最近5年間で見るパ6球団のドラフト会議

今年も10月25日に「2018年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が行われる。史上初となる2度目の春夏甲子園連覇を達成した大阪桐蔭高の根尾昂選手、藤原恭大選手、夏の甲子園準優勝・金足農業高の吉田輝星投手、東洋大の甲斐野央投手、上茶谷大河投手、梅津晃大投手、Homdaの齋藤友貴哉投手などがドラフト1位候補とされる。

社会人を経て西武に入団した源田壮亮【写真:荒川祐史】
社会人を経て西武に入団した源田壮亮【写真:荒川祐史】

西武は16年3位の源田が新人王、ホークスは最近4年は社会人指名なし

 今年も10月25日に「2018年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が行われる。史上初となる2度目の春夏甲子園連覇を達成した大阪桐蔭高の根尾昂選手、藤原恭大選手、夏の甲子園準優勝・金足農業高の吉田輝星投手、東洋大の甲斐野央投手、上茶谷大河投手、梅津晃大投手、Homdaの齋藤友貴哉投手などがドラフト1位候補とされる。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 高校、大学に比べると、社会人でプロ入りした選手は、1年目から“即戦力”として期待されることが多い。最近5年間に限定し、社会人出身選手の1年目の成績を調べてみた。(※ドラフト時に育成、独立リーグから入団した選手は含めない)

○西武
【2013年】(3/7)
3位 豊田拓矢 34試合2勝2敗 39.2回17奪三振20失点 防御率4.54
5位 山口嵩之 1軍登板なし
6位 岡田雅利 22試合32打数6安打0本塁打2打点 打率.188

【2014年】(0/5)
社会人の選手を指名せず

【2015年】(2/10)
3位 野田昇吾 22試合0勝0敗4H 18.1回15奪三振8失点 防御率3.93
5位 南川忠亮 4試合0勝0敗 4回1奪三振1失点 防御率2.25

【2016年】(2/6)
3位 源田壮亮 143試合575打数155安打3本塁打57打点 打率.270
5位 平井克典 42試合2勝0敗4H 45回42奪三振15失点 防御率2.40

【2017年】(0/6)
社会人の選手を指名せず

 10年ぶりにリーグ制覇した西武。この5年で社会人から入団した選手は7人で、2014年と17年は社会人の選手を指名しなかったが、トヨタ自動車から16年ドラフト3位で入団した源田は、長年不在だった遊撃のポジションを埋めた。1年目から全143試合にフルイニング出場。球団記録となる155安打をマークした。

 投手陣では同年5位で入団した平井がビハインドゲームを中心に42試合に登板し、防御率2.40の成績を残せば、前年のドラフト3位で入団した野田は22登板、13年ドラフト3位の豊田は34試合に登板している。

○ソフトバンク
【2013年】(3/4)
1位 加治屋蓮 1軍登板なし
2位 森唯斗 58試合4勝1敗20H 65.2回54奪三振17失点 防御率2.33
3位 岡本健 1軍登板なし

【2014年】(0/5)
社会人の選手を指名せず

【2015年】(0/6)
社会人の選手を指名せず

【2016年】(0/4)
社会人の選手を指名せず

【2017年】(0/5)
社会人の選手を指名せず

 2014年からの5年間で3度リーグ制覇したソフトバンク。投打ともに戦力が充実し、15年には高橋純平を筆頭に指名した6人全員が高校生と、独自スタイルを貫いた。社会人出身者の指名は、13年ドラフトの3人が最後だ。

 2013年ドラフト組の1年目の成績を見ると、1位の加治屋、3位の岡本は1軍登板がなかったが、2位の森は1年目から五十嵐亮太につなぐ7回の男として58試合に登板し、リーグ優勝に大きく貢献した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」