野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 鷹・周東、日本救うレーザービーム連発 稲葉監督「しっかりプレーしてくれた」

鷹・周東、日本救うレーザービーム連発 稲葉監督「しっかりプレーしてくれた」

コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「 第2回WBSC Uー23ワールドカップ」は25日(日本時間26日)、スーパーラウンド初戦が行われ、日本は韓国を3-2で下し、初戦白星を飾った。

日本を救う守備を見せた侍ジャパンU-23代表・周東佑京【写真:Getty Images】
日本を救う守備を見せた侍ジャパンU-23代表・周東佑京【写真:Getty Images】

スーパーR初戦の韓国戦で好守「1点差だったので、刺すしかないと思っていた」

 コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC Uー23ワールドカップ」は25日(日本時間26日)、スーパーラウンド初戦が行われ、日本は韓国を3-2で下し、初戦白星を飾った。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 右翼を守る俊足の周東佑京外野手(ソフトバンク)が守備で魅せた。1点リードで迎えた2回、韓国の先頭打者が右前打で二塁を狙うと、右翼から二塁に好返球。アウトに仕留めると、5回にも2死二塁からの右前打で本塁に好返球。同点を狙って本塁に突っ込んだ二塁走者を封じた。

 さらに3-2で迎えた8回にも2死一、二塁のピンチで右前打の打球に迷わず前進。そして前方で打球を処理すると、再び本塁に好返球。50メートル5秒7の俊足を生かした好判断で、あわや同点のピンチを2度防いだ。

「両方とも1点差だったので、刺すしかないと思っていた。(8回は)これはもう突っ込んでいくしかないと思って、最初から決めていた。いいボールが投げられてよかった。なかなか打撃でチームに貢献できていないので、こういう時は守備で貢献したいと思っていた。今までなかなか接戦がなかったが、こういう試合をものにできて、チームとしても勢いがある。残りの試合も勢いに乗って頑張っていきたい」

 この日も含め、ここ3試合無安打とバットではチームに貢献できていなかったが、日頃の練習の成果が大一番の返球で生きた。所属するソフトバンクでは井出竜也2軍外野守備走塁コーチから「(捕手への送球)ラインだけは逸らさないように」と言われ続け、日々の練習で鍛練してきた。本塁への1試合2補殺はプロ入り後、初めてだといい「1年を通してやってきたことが、こういうところでできたのはよかった」と、笑顔をのぞかせた。

 稲葉篤紀監督も「打てない時はしっかり守るという切り替えをテーマにやっているが、しっかりプレーしてくれた」と絶賛した周東の好返球。今季ウエスタン・リーグ27盗塁で盗塁王に輝いた韋駄天が、足と肩、そして好判断で日本のピンチを救った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」