野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 王者・広島を支える3番手捕手 磯村はなぜ「チームに欠かせない存在」なのか

王者・広島を支える3番手捕手 磯村はなぜ「チームに欠かせない存在」なのか

カープの強さの理由の1つは捕手陣の充実ぶりが挙げられる。とりわけ3番手にこの捕手が控えているのは心強い限りである。磯村嘉孝。まだまだ隠れた存在ながらもとんでもない実力者だ。

広島・磯村嘉孝【写真:荒川祐史】
広島・磯村嘉孝【写真:荒川祐史】

高校時代から優れたセンスを持つ隠れた強打者、まだまだ隠れた存在も…

 カープの強さの理由の1つは捕手陣の充実ぶりが挙げられる。とりわけ3番手にこの捕手が控えているのは心強い限りである。磯村嘉孝。まだまだ隠れた存在ながらもとんでもない実力者だ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 逸材揃いのカープ捕手陣に割って入る男。強豪カープを支えるのは、赤ヘル打線の攻撃力だけではない。投手力を軸として失点を抑えるディフェンスにも長けている。欠かせないのはレベルの高い捕手陣である。

 1軍に帯同している捕手は現状3人。レギュラーとして最も多く出場するのは強打を誇る會澤翼、ついで経験豊富なベテラン石原慶幸、そして、磯村嘉孝だ。坂倉将吾、中村奨成という期待の若手2人を押しのけ、ベンチ入りしている磯村に対する評価は非常に高い。ホーム、ロードを問わず、全体練習の最後まで捕手としての強化練習を行うのはもはや風物詩である。

「打撃の練習もやらないといけないですが、やはり捕手として、捕手のことを重要視しています。現在の僕は現実、3番手の捕手で試合も常に出場しているわけではない。その中で1軍にいられるというのは、それだけの役割があるということだと思っている。打撃は好きだけど、じゃあクリーンアップを打てるのか、というほどには到底、及ばない。すべてのことを考えてみて、今の僕に求められているのは捕手としての仕事。そのためには少しでも上達するしかないですかね」

 現状は、チーム内で3番手捕手ではあるが、その中でも自分の役割をまっとうしようとしている。

 磯村の打撃センスは高校時代から知られていた。愛知・中京大中京高時代2年春からクリーアップを任され、同年、夏の甲子園では打率.350、2本塁打を記録し同校の全国制覇に大きく貢献(この時のエースは現チームメートの堂林翔太)。4季連続で出場した甲子園での通算打率は、なんと.388にものぼった。

「打撃自体の技術的なものや考え方、試合に応じた状況判断などは本当に高いレベルにあると思う。とくに捕手という強みもあるのかもしれないけど、状況判断などは素晴らしい。打者というのは自分のポイントでしっかり打って、気持ち良く打ち返したい。でも磯村はそこを我慢して右打ちしたりしてくれる。ベンチとしても助かりますよね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」