野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本S“開幕”投手のホークス千賀、広島を警戒「西武と同じくらい気を引き締めて」

ソフトバンクの千賀滉大投手が、27日から始まる「SMBC日本シリーズ2018」の開幕を託された。敵地での大舞台を控え、25歳右腕は「普段と変わらない心境です」と平常心を強調した。

日本シリーズの開幕戦で登板するソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
日本シリーズの開幕戦で登板するソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

大舞台でも平常心「チームに流れを持って来られるように」

■広島 – ソフトバンク(27日・マツダスタジアム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクの千賀滉大投手が、27日から始まる「SMBC日本シリーズ2018」の開幕を託された。敵地での大舞台を控え、25歳右腕は「普段と変わらない心境です」と平常心を強調した。

 小雨が続くマツダスタジアムで前日練習を終えた千賀は、落ち着いた表情で報道陣の前に姿を見せた。「チームに流れを持って来られるように。気持ちの高ぶりはないです。普段と変わらない心境ですね」と語った。

 セ・リーグ3連覇を果たした広島について「打線が強い印象。足もありますし、長打もある。西武と同じくらい気を引き締めないといけないと思います」とし、「投手がそれを抑えることができれば流れは来ると思います」と自ら流れを生む心構えだ。

 相手先発は今季最多勝の大瀬良大地投手だが、「直接戦うわけじゃないので、自分のピッチングをするだけです」と気に掛ける様子はない。とはいえ、DH制がないだけに打者・大瀬良との対決は実現するはずだ。「セ・リーグは投手でもしっかり球を見てくる。普通の打者として(気を)抜かずに投げていきたい」と千賀。自らの打撃については「(打席に立つのが)怖いです。そっちのセンスはないので」と苦笑いした。

 短期決戦だけに、初戦の勝敗はシリーズのトーンを決める。「いいパフォーマンスを出せるように準備するだけです。ここまで来たら気持ちでぶつかっていくだけ。しっかり試合を作れるように投げたいです」と気合いを入れ直した。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」