野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 「絶対に点を取られない」種市が気迫の117球! 続投決めた稲葉監督「信じよう」

「絶対に点を取られない」種市が気迫の117球! 続投決めた稲葉監督「信じよう」

コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は26日(日本時間27日)、スーパーラウンド第2戦が行われ、大会連覇を狙う日本はオープニングラウンド全勝対決となったベネズエラを6-3で下し、28日(同29日)に行われる決勝進出を決めた。

ベネズエラ戦で念頭を見せた侍U-23代表・種市篤暉【写真:Getty Images】
ベネズエラ戦で念頭を見せた侍U-23代表・種市篤暉【写真:Getty Images】

初回に先制3ランを浴びるも粘りの投球でその後は無失点

 コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は26日(日本時間27日)、スーパーラウンド第2戦が行われ、大会連覇を狙う日本はオープニングラウンド全勝対決となったベネズエラを6-3で下し、28日(同29日)に行われる決勝進出を決めた。先発の種市篤暉投手(ロッテ)が8回8安打3失点、117球、8奪三振の粘投。8回裏に日本が3点を勝ち越し、勝ち星が転がり込んだ。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「初回に3ランを打たれたが、昨日、中継ぎをいっぱい使っていたので、最低でも6、7回くらいはいきたいなと思っていた。ピンチは何回もあったが『絶対に点を取られない』という気持ちでずっと投げた。いつか(打線が)援護してくれると信じていた。8回まで粘れたのはよかった。ベネズエラはすごく振ってくるので、力負けせずに投げられたのはよかった。堀内さんが打ってくれて(ベンチで)すごい騒ぎました」

 この日のベネズエラのスタメン9人の内訳は、メジャー傘下2A所属が2人、A所属が4人、ルーキーリーグ所属が3人。そんな中、「ベネズエラが一番強いチームだと思っていた」という種市は初回につまづいた。安打と四球を許し、2死一、二塁のピンチを招くと、今季カージナルス傘下所属で、ルーキーリーグで59試合14本塁打の5番レアンドロに左越え3ランを献上。早々と先制点を許した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」