野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス18回目、広島8回目の頂上決戦 平成最後の「日本一」はどちらに?

福岡ソフトバンクホークスは18回目の日本シリーズ出場、広島東洋カープは8回目。ともに強豪チームとして日本一の覇権を争ってきた歴史を持つ。両者の対戦は初顔合わせだ。これまでの日本シリーズでの戦績を見ていこう。

広島・緒方監督(左)とソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方監督(左)とソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

巨人に歯が立たなかった南海時代、ダイエー時代もON対決に敗れる

 福岡ソフトバンクホークスは18回目の日本シリーズ出場、広島東洋カープは8回目。ともに強豪チームとして日本一の覇権を争ってきた歴史を持つ。両者の対戦は初顔合わせだ。これまでの日本シリーズでの戦績を見ていこう。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ホークスは親会社が2回変わっているが、それぞれの時代で日本シリーズに進出している。

○南海時代

1951年 ●1勝4敗 巨人(鶴岡一人監督)
1952年 ●2勝4敗 巨人(鶴岡一人監督)
1953年 ●2勝4敗1分 巨人(鶴岡一人監督)
1955年 ●3勝4敗 巨人(鶴岡一人監督)
1959年 ○4勝0敗 巨人(鶴岡一人監督)
1961年 ●2勝4敗 巨人(鶴岡一人監督)
1964年 ○4勝3敗 阪神(鶴岡一人監督)
1965年 ●1勝4敗 巨人(鶴岡一人監督)
1966年 ●2勝4敗 巨人(鶴岡一人監督)
1973年 ●1勝4敗 巨人(野村克也・選手兼任監督)

 パ・リーグでは西鉄ライオンズと覇権を争う強豪チームだったが、日本シリーズでは巨人に全く歯が立たなかった。NPB歴代最多勝の鶴岡一人監督にとっても「打倒巨人」は悲願となった。

 1959年、38勝4敗という空前の記録を残したエース、杉浦忠を擁して初めて巨人を倒す。南海は大阪のメインストリート、御堂筋でパレードを行い、大阪のファンの祝福を受けた。

 1964年には阪神に勝ってもう一度日本一になっているが、南海時代は10回日本シリーズに出場して日本一は2回だけだった。

○ダイエー時代

1999年 ○4勝1敗 中日(王貞治監督)
2000年 ●2勝4敗 巨人(王貞治監督)
2003年 ○4勝3敗 阪神(王貞治監督)

 1988年に南海はダイエーに買収され、本拠地を福岡に移転した。移転当時は弱かったが、10年後にリーグ初制覇、以後3回日本シリーズに進出し、2回日本一になった。

 2000年は巨人の長嶋茂雄監督と、ダイエー王貞治監督の「監督でのON対決」が話題になったが、逆転で長嶋巨人に屈した。

○ソフトバンク時代

2011年 ○4勝3敗 中日(秋山幸二監督)
2014年 ○4勝1敗 阪神(秋山幸二監督)
2015年 ○4勝1敗 ヤクルト(工藤公康監督)
2017年 ○4勝2敗 DeNA(工藤公康監督)

 2005年にソフトバンクが親会社となる。以後も強豪チームだったが、CSで敗退することも多く、日本シリーズ進出は4回だけ。しかし、4回とも日本シリーズを制している。ソフトバンクになってからのホークスは、無敵を誇っている。

 通算成績は48勝50敗1分。今回は初めてリーグ2位から“下剋上”での日本シリーズ進出となる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」