野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

交流戦ではソフトバンクが広島を圧倒 日本シリーズでも“お得意様”とできるか?

リーグ覇者の西武を下し、シーズン2位からの“下剋上”で日本シリーズ出場権を勝ち取ったソフトバンク。パ代表として戦う大舞台を前に「パーソル CS パ」ファイナルステージでの戦いぶりと、交流戦での対戦成績を振り返り、決戦の展望を見ていきたい。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

ソフトバンクはCSファイナルで強打が爆発

 リーグ覇者の西武を下し、シーズン2位からの“下剋上”で日本シリーズ出場権を勝ち取ったソフトバンク。パ代表として戦う大舞台を前に「パーソル CS パ」ファイナルステージでの戦いぶりと、交流戦での対戦成績を振り返り、決戦の展望を見ていきたい。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムとのファーストステージを制し、メットライフドームへ乗り込んだソフトバンク。ファイナルステージではシーズン1位の西武が1勝のアドバンテージを持つ上に、第1戦に先発するのは先発4番手以降。シーズン2位だった分、不利な状況からのスタートとなるが、選手たちはそのハンデをものともしない戦いぶりを見せた。

 迎えた初戦、ソフトバンクは西武のエース・菊池を攻略し、重要な初戦を16安打10得点と大勝で飾る。第2戦ではリーグ王者の強力打線が本領を発揮。11被安打13失点とめった打ちに遭い、アドバンテージを含めて1勝2敗とリードを奪われる。

 敗れれば一気に西武へと流れが傾きかねない第3戦、チームを救ったのは初戦で猛攻を見せた打線だった。計16安打15得点で2勝2敗のイーブンに戻すと、第4戦でも勢い止まらず、連勝で3勝2敗。日本シリーズ進出に王手をかけ、迎えた第5戦は1点差まで追い上げられながら、一度もリードを許さず。敵地で見事な戦いぶりを見せ、シーズン2位からの逆転で日本シリーズ進出を決めた。

 5試合で計28得点という数字が示す通り、西武の打撃陣はポストシーズンでもその猛打を発揮していた。しかし、ソフトバンクが5試合で挙げた得点数は、それを大きく上回る44得点。強力打線を武器にリーグを制した王者に打ち勝ったことは、日本シリーズに向けても明るい材料の1つとなるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」