野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 7時間超の死闘制し1勝2敗 充実笑顔のド軍ロバーツ監督「勝てて最高」

7時間超の死闘制し1勝2敗 充実笑顔のド軍ロバーツ監督「勝てて最高」

ドジャースは26日(日本時間27日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われた第114回ワールドシリーズ第3戦で、レッドソックスを相手に3-2で劇的なサヨナラ勝利を飾った。両軍一歩も譲らぬ接戦で、試合はワールドシリーズ史上最長イニング18回を戦い、史上最長時間7時間20分を記録。

サヨナラ本塁打を放ったマンシーを迎え入れるドジャースの選手たち【写真:Getty Images】
サヨナラ本塁打を放ったマンシーを迎え入れるドジャースの選手たち【写真:Getty Images】

「必ず勝たなければならない試合だった」と総力戦

■ドジャース 3-2 Rソックス(日本時間27日・ロサンゼルス)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ドジャースは26日(日本時間27日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われた第114回ワールドシリーズ第3戦で、レッドソックスを相手に3-2で劇的なサヨナラ勝利を飾った。両軍一歩も譲らぬ接戦で、試合はワールドシリーズ史上最長イニング18回を戦い、史上最長時間7時間20分を記録。日付をまたいで手に入れた1勝に、デーブ・ロバーツ監督は「勝てて最高の試合だった」と振り返った。

 2連敗で本拠地に戻ってきたドジャースにとって、この第3戦は「必ず勝たなければならない試合だった」と指揮官。先発ビューラーが7回無失点と快投すれば、3回にはピーダーソンが先制ソロを放ち、ドジャースが1点差を逃げ切るかと思われた。だが、8回に守護神ジャンセンが同点弾を浴びると、ここから試合がもつれた。最後は延長18回にマンシーが左中間へサヨナラアーチ。投手9人、野手13人、さらにはエース左腕カーショーを代打起用するなど、文字通りの総力戦で白星を飾り、対戦成績を1勝2敗とした。

 まだ追う立場だが、試合後の会見に臨んだロバーツ監督は充実の表情。「第1、2戦後よりも断然いい気分。1勝2敗で、地元ファンの後押しがある。流れが少し我々に傾いてきた」と笑顔を浮かべた。

 この日は5万3114人の観客が球場を埋め、7時間を超える試合でも半数以上のファンが残った。ドジャースが得点したり窮地を逃れた時には球場全体が大きく揺れたほど、ファンは熱い応援を展開。本拠地3連戦の初戦に勝利したことは、ドジャースにとって非常に大きな意味を持つ。

 先を見過ぎず1試合1試合勝ち進んでいく覚悟の指揮官は、試合後「今は明日の試合のことだけを考えている」と言った後、すぐさま「いや、今日だ。今日この後の(笑)」と言い直した。激戦の余韻を残したまま、第4戦も制して、一気に勝敗をタイに戻したい。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」