野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ド軍ベリンジャーのレーザービームにファン狂喜 「イカしてる」「若き天才」

ド軍ベリンジャーのレーザービームにファン狂喜 「イカしてる」「若き天才」

ワールドシリーズ3連敗の危機を救う、値千金の“レーザービーム”だ。ドジャースのコーディ・ベリンジャー外野手が延長10回のピンチで強肩を披露。延長18回、7時間20分の死闘を制しての勝利に貢献した。

レーザー送球で失点を防いだドジャースのコーディ・ベリンジャー(左)【写真:Getty Images】
レーザー送球で失点を防いだドジャースのコーディ・ベリンジャー(左)【写真:Getty Images】

逆転負けの崖っぷちからチーム救う値千金のビッグプレー

■ドジャース 3-2 Rソックス(日本時間27日・ロサンゼルス)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ワールドシリーズ3連敗の危機を救う、値千金の“レーザービーム”だ。ドジャースのコーディ・ベリンジャー外野手が延長10回のピンチで強肩を披露。延長18回、7時間20分の死闘を制しての勝利に貢献した。

 レッドソックスは延長10回1死一、三塁。代打・ヌネスが右中間寄りに浅めのフライを打ち上げた。三塁走者のキンズラーは迷わずタッチアップ。だが、中堅手のベリンジャーがバックホームへ矢のようなダイレクト送球を見せ失点を防いだ。

 アウトを確認するとベリンジャーは左翼手のピーダーソンと体をぶつけ合い、喜びを爆発。ドジャースの公式ツイッターは「コーディ・ベリンジャーに挑むだって? そう思ったでしょ?」とのコメントを添え、このシーンの動画を公開。ドジャースのファンからは狂喜乱舞のコメントで溢れかえった。

「なんて送球だ!」

「アメージング!」

「若き天才、若き天才」

「イカしてる」

「グレート!」

「ビューティフル」

「素晴らしい守備だ」

「これがメジャー級の肩」

 ベリンジャーは補殺プレー直前の9回裏、先頭打者で左前打を放ち出塁しながら、レッドソックス・プライスの牽制に誘い出されて挟殺され、チャンスをつぶしていた。ドジャース公式サイトは「(ミスを)取り返せてうれしいよ。(この好返球がなければ)眠れないところだった」とベリンジャーのコメントを紹介。まさに名誉挽回のプレーだった。

 リーグ優勝決定シリーズ第4戦でも、延長13回の死闘で10回にダイビングキャッチを決めてブルワーズの勝ち越し機を防ぎ、この印象的なプレーも決め手となってシリーズMVPを受賞。この日もまた守備でチームの危機を救った。バッティングではこの日7打数1安打、シリーズ通算10打数1安打の打率1割と低空飛行が続いているが、打てなくても守備で貢献できる。悲願の世界一へ、あとは打棒爆発といきたいところだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」