野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 2戦連続打点の社会人・原澤 同年代のプロ選手に刺激「ポテンシャルとかすごい」

2戦連続打点の社会人・原澤 同年代のプロ選手に刺激「ポテンシャルとかすごい」

コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は27日(日本時間28日)、スーパーラウンド第3戦が行われ、すでに決勝進出を決めている日本はドミニカ共和国を4-0で下し、スーパーラウンドを通算5勝負けなしで終えた。

ドミニカ戦でも活躍を見せた侍U-23代表・原澤健人【写真:Getty Images】
ドミニカ戦でも活躍を見せた侍U-23代表・原澤健人【写真:Getty Images】

ベネズエラ戦では2安打3打点、ドミニカ共和国戦では3安打1打点の活躍

 コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は27日(日本時間28日)、スーパーラウンド第3戦が行われ、すでに決勝進出を決めている日本はドミニカ共和国を4-0で下し、スーパーラウンドを通算5勝負けなしで終えた。前日26日(同27日)のベネズエラ戦で今大会初めてスタメン起用され、2安打3打点と活躍した原澤健人内野手(SUBARU)がこの日もハッスル。3安打1打点と結果を残し、チームを勝利へと導いた。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 まずは2回2死から左前打と放つと、4回2死二塁のチャンスで左翼線への先制適時二塁打。続く堀内謙伍捕手(楽天)の右前打で生還すると、6回にも無死一塁から中前打。一、二塁へとチャンスを広げ、西巻賢二内野手(楽天)の4点目の適時打をお膳立てした。

「昨日いい感じで振れていたし、今日も1打席目にヒットが出ていたので、昨日に比べたら気持ちの面で楽に打席に入れた。(4回は)2死だったので、最悪(外野の)前に落とせば1点入るかなという気持ちでいた。堀内も昨日から当たっていたので、つなげば何とか1点入ると思っていた。(6回は)いい形で体が反応してくれた」

 今大会、選手24人中、社会人は5人だけ。プロ選手に混ざっての大会は刺激も多い。「ポテンシャルとかすごい選手が多い。年下でも若さがあり、思い切ったプレーをする。守備もすごいなと思う」。そんな若きプロ集団の中で見せた2試合連続の活躍。東洋大を出て、今年から社会人でプレーする原澤は「社会人として派手なプレーはできないが、確実性、勝負強いところを見せられたかなと思う」と胸を張った。

(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」