野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】ホークス石川が流れ渡さない好救援! 2回無失点「気負うことなく投げられた」

日本シリーズ2018の初戦、ソフトバンクの石川柊太投手が3番手としてマウンドに上がり、広島の上位打線をきっちりと料理した。

ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

「マウンドのイメージが違った」でしっかり対応

■広島 2-2 ソフトバンク(27日・マツダスタジアム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本シリーズ2018の初戦、ソフトバンクの石川柊太投手が3番手としてマウンドに上がり、広島の上位打線をきっちりと料理した。

 同点の7回から登板した石川は、先頭の代打・西川龍馬内野手を初球でピッチャーゴロに打ち取ると、広島が誇る上位打線と対戦。2死後、菊池涼介内野手に自慢のパワーカーブをセンター前に運ばれたが、続く丸佳浩外野手を2ストライクからアウトローのストレートで見逃し三振に斬った。続く8回も続投し、中軸を3者凡退。広島に流れを渡さなかった。

 大一番で普段通り力を発揮した右腕は「マウンドが思ったより硬いし、傾斜もあって、イメージの違いはあった」としながらも「全体的に気負うことなく投げられたし、ブルペンの雰囲気も良かった。勝てなかったけど、いい試合ができたと思います」と表情はにこやかだった。

 また、マツダスタジアムのスタンドを真っ赤に埋め尽くすカープファンの大声援には「(屋根付きだった)西武に比べて野外だからそんなに響かなかった」と語り、完全アウェーの中でも冷静だった。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」