野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ドジャースが6回に4点先制! プイグ特大3ラン 地元ファンは球場揺れる大歓声

ドジャースが6回に4点先制! プイグ特大3ラン 地元ファンは球場揺れる大歓声

第114回ワールドシリーズ第4戦が27日(日本時間28日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、6回にドジャースがプイグの3点弾などで4点先制に成功した。

特大3ランを放ったドジャース・プイグ【写真:Getty Images】
特大3ランを放ったドジャース・プイグ【写真:Getty Images】

前日は延長18回に劇的サヨナラ勝利

■ドジャース – Rソックス(日本時間28日・ロサンゼルス)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 第114回ワールドシリーズ第4戦が27日(日本時間28日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、6回にドジャースがプイグの3点弾などで4点先制に成功した。

 ドジャースはヒル、レッドソックスはロドリゲスの両先発左腕が、5回まで0-0の投手戦を演じた。だが、6回裏、試合は大きな展開を見せる。

 ドジャースは先頭フリースが死球で出塁。マンシーは見逃し三振に倒れたが、ターナーが左翼線二塁打で1死二、三塁とすると、マチャドは申告敬遠で1死満塁の絶好機を迎える。ここで打席に立ったベリンジャーの打球は一塁ゴロで、三塁走者の代走ヘルナンデスが本塁で封殺されたが、レッドソックス捕手バスケスが一塁に悪送球。この間に二塁走者だったターナーが生還し、1点を先制した。

 なおも2死一、三塁で打席に向かったのはプイグ。3ボール1ストライクから5球目ツーシームをフルスイング。打球は大きな弧を描きながら左翼席に飛び込んだ。プイグは打った瞬間に両手を突き上げて大喜び。打たれたロドリゲスは、マウンドでグラブを叩きつけて悔しがると、スタンドを埋めるドジャースファンの大歓声で球場が揺れた。

 前日は延長18回、7時間20分の死闘を制したドジャースが、本拠地で確実に息を吹き返した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」