野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本延長10回の末敗れ連覇ならず 稲葉監督「負けたのは私の全責任」

コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は28日(日本時間29日)、バランキージャで決勝が行われ、オープニングラウンド、スーパーラウンドを8戦全勝で突破した日本は延長10回タイブレークの末、1-2でメキシコに敗れ大会連覇を逃した。稲葉監督は「胸を張っていい。負けたのは私の全責任」と選手たちを称えた。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

延長10回にロッテ成田が中前2点タイムリーを浴びる

 コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は28日(日本時間29日)、バランキージャで決勝が行われ、オープニングラウンド、スーパーラウンドを8戦全勝で突破した日本は延長10回タイブレークの末、1-2でメキシコに敗れ大会連覇を逃した。稲葉監督は「胸を張っていい。負けたのは私の全責任」と選手たちを称えた。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 メキシコ投手陣にわずか1安打と打線が沈黙。試合は延長10回無死一、二塁から始まるタイブレークとなり成田(ロッテ)が1死二、三塁から9番マシーアスに中前2点タイムリーを浴びた。その裏、日本は安田(ロッテ)の二ゴロの間に1点を返したが2死満塁から西巻(楽天)が右飛に倒れゲームセットとなった。

 ファーストラウンドでは7ー2で勝利していたメキシコ相手に敗れた稲葉監督は「選手は目一杯やってくれた。我々は1敗しかしてない。胸張っていい。負けたのは私の全責任。みんなにはありがとうと言いたい」とコメントした。

 先発の近藤は7安打を浴びながらも要所を抑え8回無失点と力投したが「近藤が良い粘りで頑張っていたが、メキシコの投手も良くて打つ方でリズムが作れなかった」と指揮官。だが、大会を通じ選手たちの成長を実感している様子で「日に日に結束力を増して非常に頼もしく見えた」と若き侍たちを評価していた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」