野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ安田が大会MVP&ベストナインに輝く 打率.393、1本塁打8打点の活躍

コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は28日(日本時間29日)、バランキージャで決勝が行われ日本は延長10回タイブレークの末、メキシコに1-2で敗れ大会連覇を逃した。大会MVP、一塁手のベストナインに輝いたのは9試合で打率.393、1本塁打、8打点のロッテ・安田尚憲内野手が獲得した。

U-23ワールドカップでMVPに輝いた安田尚憲【写真:Getty Images】
U-23ワールドカップでMVPに輝いた安田尚憲【写真:Getty Images】

決勝戦では4打数無安打に終わったがチーム唯一の打点を挙げる

 コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は28日(日本時間29日)、バランキージャで決勝が行われ日本は延長10回タイブレークの末、メキシコに1-2で敗れ大会連覇を逃した。大会MVP、一塁手のベストナインに輝いたのは9試合で打率.393、1本塁打、8打点のロッテ・安田尚憲内野手が獲得した。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 安田は決勝戦こそ4打数無安打1打点に終わったが全9試合でスタメン出場し28打数11安打、打率.393、1本塁打、8打点、OPS1.043と活躍した。また、ロッテの成田翔投手もリリーフ部門のベストナインに選出された。成田は5試合に中継ぎとして登板し1勝0敗、防御率1.17の成績を残した。

(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」