野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】鷹、3戦目で初めて先制! 中村晃&今宮タイムリー、広島は安部ソロで反撃

広島とソフトバンクが戦う日本シリーズは30日、舞台をソフトバンクの本拠地ヤフオクドームに移して第3戦を開催。対戦成績1敗1分けのソフトバンクが4回、中村晃のタイムリーで今シリーズで初めて先制に成功した。

ソフトバンクが4回、先制に成功
ソフトバンクが4回、先制に成功

柳田、デスパイネの連続四球でチャンス作り、2点を奪う

■ソフトバンク – 広島(30日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 広島とソフトバンクが戦う日本シリーズは30日、舞台をソフトバンクの本拠地ヤフオクドームに移して第3戦を開催。対戦成績1敗1分けのソフトバンクが4回、中村晃のタイムリーで今シリーズで初めて先制に成功した。

 3回1死満塁、そして4回1死二塁と相次ぐピンチを先発のミランダが凌ぐと、ついに鷹打線が先制点を奪い取った。1死から柳田が四球を選んで出塁すると、続くデスパイネもボールを見極めて連続四球。1死一、二塁のチャンスを作った。

 ここで打席に立った中村晃が2ボール1ストライクからの4球目を弾き返し一、二塁間を破った。打球が右前へと転がると、二塁走者の柳田は一気に生還。ついに待望の先制点を挙げた。さらに2死一、二塁で、今宮も左翼線への適時打。2点のリードを奪い取った。

 貴重な先制打を放った中村晃は「打ったのはカットボールです。リラックスして打ちにいきました。先制点になり良かったです」、2点目を叩き出した今宮は「打ったのはスライダーです。チャンスだったのでストライクを積極的に打ちにいきました。良い所に落ちてくれましたね」と、それぞれコメントした。

 直後の5回、広島もすぐに反撃。1死で打席に入った安部が2ボールからの3球目、ミランダの142キロのストレートを捉えると、打球は右中間スタンドへ。ソロ本塁打で1点を返した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」