野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】広島九里は5回途中4失点で降板 鷹に3点のリードを奪われる

広島の九里亜蓮投手が、5回途中で降板した。30日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンクとの日本シリーズ第3戦。1勝1分けと先勝した広島で先発マウンドを託された右腕だったが、5回4失点でマウンドを降りることになった。

広島九里は5回途中で降板、4失点を喫した
広島九里は5回途中で降板、4失点を喫した

3回まで無失点に封じるも、4回に崩れる

■ソフトバンク – 広島(30日・ヤフオクドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 広島の九里亜蓮投手が、5回途中で降板した。30日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンクとの日本シリーズ第3戦。1勝1分けと先勝した広島で先発マウンドを託された右腕だったが、5回途中4失点でマウンドを降りることになった。

 3回までソフトバンク打線を無失点に封じていた九里だったが、4回に先制点を奪われた。1死から柳田、デスパイネに連続四球を与えると、中村晃、そして今宮にも適時打を浴びて2点を奪われた。

 さらに5回には先頭の上林に左前安打を許すと、犠打とグラシアルの左前安打で1死一、三塁に。柳田の打球は高いバウンドのゴロになると、一塁のメヒアが二塁へ悪送球。3点目を許し、右腕はここで降板となった。さらに、2番手ヘルウェグがデスパイネを遊ゴロに打ち取る間にもう1点追加され、九里は4回1/3を投げて、6安打4失点だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」