野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス森が日本シリーズ初セーブ 「ピンチでも自分の投球ができた」

ソフトバンクの守護神・森唯斗投手が30日、日本シリーズ第3戦で9回にマウンドに上がって1点差を守り切り、日本シリーズ初セーブを挙げた。2本のヒットで逆転のランナーまで出してしまったが、最後は得意のカットボールで野間峻祥外野手を一塁ゴロに仕留めた。

ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】

カープ打線を改めて警戒「何点あっても気が抜けない」

■ソフトバンク 9-8 広島(30日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの守護神・森唯斗投手が30日、日本シリーズ第3戦で9回にマウンドに上がって1点差を守り切り、日本シリーズ初セーブを挙げた。2本のヒットで逆転のランナーまで出してしまったが、最後は得意のカットボールで野間峻祥外野手を一塁ゴロに仕留めた。

 7回を終えて6点のリード。この日、森の出番はないかと思われた。しかし、森が9回のマウンドに上がる時点でリードはわずかに1点に。しかも8回に5点を奪い、完全に勢いづいたカープ打線が相手だ。

 2本のヒットで2死一、三塁というピンチを招くも、パ・リーグのセーブ王として同点、逆転を許すわけにはいかない。最後はしっかりと締めてみせた。

「今日はピンチになっても自分の投球ができたし、厳しいコースもつけた。ゼロで抑えてチームが勝てたことが良かったです」と森。数々の逆転劇でセ・リーグを制してきたカープ打線に「諦めない姿勢というか、何点あっても気が抜けない」と改めて警戒を強めた。

「それでも勝てたことは自信になるし、身体の調子もいい。このまま維持して明日以降も勝てるような投球をしていきたい」と語り、笑顔で家族とともに球場を後にした。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」