野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】ソフトバンク東浜 勝ち越しかけて先発「イニングの先頭を取っていきたい」

31日、五分の星で迎える「SMBC日本シリーズ2018」の第4戦には、ソフトバンクの東浜巨投手が先発する。

ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

CS同様に「初回から飛ばして行けるとこまで」

■ソフトバンク – 広島(31日・ヤフオクドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 31日、五分の星で迎える「SMBC日本シリーズ2018」の第4戦には、ソフトバンクの東浜巨投手が先発する。

 シリーズ第3戦を1点差で制したソフトバンクは、東浜が勝ち越しをかけてマウンドに上がる。20日のクライマックスシリーズ ファイナルステージで4イニングを投げて以来の登板となるが、「これまでとそんなに変えずに調整してきました。特別なことはしていません」と言う。

 ここまでの戦いを見て、広島打線については「つながりのあるいい打線。上位から下位までしっかり振ってくる」という印象を持ったと話す。その上で「イニングの先頭をしっかり取っていきたい」とポイントを掲げた。

 CS同様に、長いイニングを考えるのではなく「初回から飛ばして行けるとこまで」と語ったが、第2先発要員の1人である石川柊太の離脱もあって、ベンチとしては「少しでも長いイニングを」というのが本音だろう。

 第3戦で4発16安打を放った広島打線の勢いをどう止めるのか。まずは初回の立ち上がりに注目していきたい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」