野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】打線に火がついたソフトバンク&広島 今後を左右するのは広島の走塁か

10月30日の日本シリーズ第3戦は、9-8でソフトバンクの勝利となった。このスコアは、日本シリーズ史上最大得点での1点差試合だった。

広島・丸佳浩とソフトバンク・柳田悠岐(左から)【写真:荒川祐史】
広島・丸佳浩とソフトバンク・柳田悠岐(左から)【写真:荒川祐史】

ホークスはデスパイネが大爆発、あとは上林の復調待ち

 10月30日の日本シリーズ第3戦は、9-8でソフトバンクの勝利となった。このスコアは、日本シリーズ史上最大得点での1点差試合だった。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 広島は後半に安部友裕のこの日2本目になる満塁本塁打で1点差に迫った。大健闘と言えるだろうが、パ・リーグ本拠地でのセ・リーグ球団の連敗は「13」に伸びた。

 ここまでの両軍の主要打者の打撃成績を見てみよう。

【ソフトバンク】

川島慶三
5打2安0本0点0盗0盗死 率.400

デスパイネ
8打3安1本5点0盗0盗死 率.375

柳田悠岐
10打3安0本2点0盗0盗死 率.300

明石健志
7打2安0本0点0盗0盗死 率.286

内川聖一
7打2安0本0点0盗0盗死 率.286

今宮健太
7打2安0本1点0盗0盗死 率.286

グラシアル
13打3安0本0点0盗0盗 率.231

中村晃
13打2安0本1点0盗0盗死 率.154

上林誠知
11打1安0本0点0盗0盗死 率.091

甲斐拓也
9打0安0本0点0盗0盗死 率.000

 30日の試合で主軸の柳田が2安打、打線の好不調の起伏が徐々に小さくなっている。ポストシーズンに強いデスパイネは、今年のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ以降すでに15打点を叩き出し、極めて警戒すべき存在になっている。また川島も工藤監督の抜擢に答え、2安打した。

 上林がまだ1安打と不調。また捕手の甲斐拓也がまだ無安打だが、捕手の重責があり、無理からぬ部分もある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」