野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキースがオフの戦略を確認 FA最大の注目株ハーパーの獲得は見送りか

ヤンキースがオフの戦略を確認 FA最大の注目株ハーパーの獲得は見送りか

今オフのストーブリーグで最も大きな注目を浴びている選手の1人が、ナショナルズからフリーエージェント(FA)となったブライス・ハーパー外野手だ。少なくとも10年総額3億5000万ドル(約396億円)規模の契約になると予想する声もある中、ハーパー本人がファンであると公言しているヤンキースが移籍先の有力候補の1つと見られている。ただ、地元メディアは超名門球団は獲得に動かないと伝えている。

ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】
ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

NYメディアが伝える、ハーパー本人はヤンキースファンを公言も…

 今オフのストーブリーグで最も大きな注目を浴びている選手の1人が、ナショナルズからフリーエージェント(FA)となったブライス・ハーパー外野手だ。少なくとも10年総額3億5000万ドル(約396億円)規模の契約になると予想する声もある中、ハーパー本人がファンであると公言しているヤンキースが移籍先の有力候補の1つと見られている。ただ、地元メディアは超名門球団は獲得に動かないと伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ニューヨークの地元テレビ局「SNY」(電子版)は「関係者:ヤンキースはFAのブライス・ハーパーの獲得に動かないと考えられている」との見出しで特集を掲載した。記事によると、ヤンキースは先週、プロスカウトミーティングで今オフの戦略プランを決定したが、ハーパー獲得はその中に含まれてなかったとメジャー関係者が話しているという。

 さらに、もう1人の目玉とされているマニー・マチャド(ドジャースからFA)内野手についても、ヤンキース行きを予想する声が相変わらず多いが、ここにきて“熱”は冷めている様子。内野ゴロに倒れた際、走塁で相手一塁手の足を蹴るなどしたポストシーズンでの愚行が影響していると指摘する米メディアもある。

 特集では「レッドソックスのワールドシリーズ制覇を受け、スタインブレーナー一家はスーパースターたちをまとめて獲得したい気分なのかもしれない」としつつ、「しかし、単純にハーパーはフィットしないというのが、ヤンキースの早い時期における思いだ」と指摘。球団は「外野手とDHのスポットは既に埋まっている」と考えているという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」